ホーム » 20代看護師 » まだ頑張れる?!2年目看護師の転職で気を付けるべきこと

まだ頑張れる?!2年目看護師の転職で気を付けるべきこと

Pocket

20代看護師

慣れない仕事や夜勤、医療現場での緊張感やイメージとのギャップなどなど、新人看護師は毎日を過ごすのに精いっぱいでした。

仕事は辛いけれども「辞めてはいけない」と頑張る方が多いのが1年目。しかし、2年目になると転職を考える方が増えるようです。

慣れてきたがゆえに周りが見えるようになり、不調も出やすい2年目

1年目は「新人」として、病院全体と部署で丁寧に教育が行われるところがほとんどです。

部署ではプリセプターを付けてもらい、悩みや不安を聴いてもらい、先輩看護師がそばで見ていてくれ、分からないところは教えてくれる。そんな環境の中で仕事ができたのが1年目でした。

しかし、2年目になるとどうでしょうか?後輩が入ってきて、逆に教えないといけない場面が出てきます。そして、実際には自分の知識や経験は十分ではないのに、分からないことを周囲に聞きづらく、事故を起こさないか不安に感じながら仕事をしています。

夜勤にも慣れてきたものの、慢性的な疲れから不調が出やすいのも2年目です。

現場に付いていくのでいっぱいだった1年目と異なり、2年目になると自分のキャリアや働き方や人生などを考える余裕が少し出てくるのかもしれません。

また、「石の上にも3年」ということわざにも表れているように、多少の困難があってもしばらくは頑張って続けるべきという考え方が日本人にはあります。最低1年は頑張ろうと考える方が多いのではないでしょうか?

よく「看護師は3年やって一人前」といわれます。できそうであれば、ことわざ通り、頑張って続けてみることをおすすめします。

まだ未熟な2年目、教育が整った病院への転職を

看護師転職

しかし、この働き方では身体がボロボロ、ここでは自分が成長できない等々、職場を変えた方がいい場合もあるでしょう。身体を壊した、人間関係で精神的に病んだなどの理由からの転職であれば、それらを解決できそうな職場を探すことが先決です。

>> 人間関係が良好な職場を探すならこちら

その他に、2年目看護師が転職の際に気を付けるべきことは何でしょうか?

それは、教育がきちんとしているところを探すことです。2年目は看護師としてはまだまだ「ひよこ」の時期です。自分で動けても、危うさが残る時期なのです。

教育を受けることに対してプレッシャーを感じる方がいるかもしれませんが、きちんと指導を受けることは自身の成長につながります。

看護師としてこれからもやっていきたいのであれば、きちんと教育の整った病院で働くことです。学ぶ姿勢を持って転職し、仕事をすれば、将来の転職にも有利に働くことでしょう。

転職を考えているあなたへ

転職を考えている方は、まずは転職サイトに登録しておき、いい求人が出てきたら紹介してもらうようにしておくといいでしょう。

以下の大手転職サイトなら、非公開求人をはじめ、多くの求人を扱っているので、あなたの希望に合った求人をいろいろ紹介してくれますよ。

なお、転職サイト毎に、扱っている求人が異なってきます。なるべく多くの求人をチェックしたいという方は、複数登録しておき、求人を比較検討できるようにしておくといいでしょう。

利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ
「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。

看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介
「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。

求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク