営業ノルマ、患者対応疲れ・・美容外科看護師独特の悩みとは

Pocket

看護師の悩み

美容外科の看護師が悩む営業

患者の希望する「美」を叶えるための診療を行う美容外科。キレイな職場環境で、看護師自身もキレイに身なりを整えて化粧して仕事に取り組んでいる様子は、一般的な医療機関に比べると優雅に感じる方さえいるようですが、実は美容外科にも特有の悩みがあるのです。ここでは、美容外科看護師の悩みをいくつかご紹介したいと思います。

営業が辛い・・

美容外科転職で大きな壁となるのが「営業」だという方が多いです。カウンセリングなど、看護師は患者とコミュニケーションを取るチャンスが多いため、営業を行う場面もおのずと増えます。話を聴いていく中で、新しい治療法や患者に合った化粧品などを薦めたりします。

また、クリニックに電話を掛けてきた方の話を聴いて来院につなげる事。これもクリニックの収入につながり、大きく評価されます。一般的な医療機関にはないこのシステムに戸惑う看護師が多いのです。

接遇で気を遣う

自費診療を行う美容外科は、医療機関というよりはサービス業と思った方がいいでしょう。接客が悪いと病院の評判に響き、経営にも影響するため、クリニックは接遇にはうるさいところが多いです。やはりいろいろな患者がいますから、なにかと気を遣います。

楽していると思われる

美容外科では多くの場合、命に直結することはありません。また夜勤もないところがほとんどです。医療者の中には「美容外科は医療じゃない」と言う人もいるくらいです。しかし、手術には多少なりともリスクがあるため、医師・看護師ともに安全に施術できるよう細心の注意を払っています。

また、患者の希望通りの仕上がりになるように綿密なカウンセリングやコミュニケーションを図り、何かと気を遣う科でもあるのです。

器具の扱いに慣れない

新たに美容外科に転職した看護師は、レーザーなどこれまで扱った事のない医療機器の取り扱い方を一から覚えなくてはなりません。こなしていくことで覚えていけるのですが、最初は大変かもしれません。

いかがでしょうか?美容外科にもさまざまな悩みがあるようですね。一方、美容外科勤務を続ける看護師は、夜勤がないことや給料水準が高めであること、死の場面に向き合うことがないことをメリットとして挙げています。どの科にもメリットデメリットがあるということですね。