再就職が不安な40代でも看護師としてやり直すための方法

Pocket

看護師

看護師の転職は売り手市場と言われています。慢性的な人手不足で病院の求人を見かけない日はありません。30代までは割とすんなり転職が決まっていたのに、40代に入ると少し時間がかかる傾向が出てきます。

40代からの看護師再就職、何が問題なのか、どうすれば希望の職場に出会えるのかを考えてみたいと思います。

若い方が使いやすい?!一方でベテラン看護師を欲しがっている病院もある

まず、どうして40代になると再就職が困難になってくるのでしょうか?それは、募集側(病院)の事情もあります。夜勤は特に人手が足りないため、体力があって夜勤もこなせ、しかも上からの指示に柔軟に対応してくれる、経験数年程度の看護師を好む病院が多いことが一つの理由として考えられます。

40代であれば、経験20年程度になる方もいますので、経験年数ベースで給料を決定する病院側としてはあまり有利ではないことも一つの要因です。

一方、病院によっては「経験が豊富な有能な看護師が欲しい」と考えているところもあります。このような病院は、年齢だけで判断せず、キャリアや人物を見て採用を決定します。40代だからといって、必ずしも転職が難しいわけではないのです。

しかし、求人情報を眺めているだけでは、どの病院にどのようなニーズがあるのかは見えてきません。

そんなときは、看護師転職サイトを活用するといいでしょう。登録するとキャリアコンサルタントがあなたに合った職場を紹介してくれます。キャリアコンサルタントは、病院側が欲しい人材を把握しています。それにあなたの今までのキャリアや希望の条件などを加味して、あなたとあなたを欲しがっている職場をマッチングしてくれます。

また、転職サイトに登録すると一般にはオープンになっていない非公開求人の紹介してもらえるので、再就職を考えている方は活用してみるといいでしょう。

>> キャリアサポートや祝い金まで!看護師転職サイトを覗いてみよう

ブランク明けは準備をしっかりとして前向きに

ブランクを経て、40代で看護師復帰を希望される方もいます。変化の速い医療知識や技術を取り戻すべく勉強しておきましょう。また、病院や看護協会主催の勉強会や講習会などにも参加し、自信を持って復職できるようにしておきたいものです。

40代でも採用している病院やクリニックもあるので、積極的に応募しましょう。

>> ブランクがあっても安心?!看護師再就職これを押さえておこう

気になる体力面も考慮して

40代の看護師復職で不安な点は、体力に関することです。どうしてもスタミナが減るので夜勤が辛くなります。

また、筋力も衰えるので業務がきついと感じる方がいるかもしれません。年齢によっては老眼が始まる方もいるので、採血や注射がしづらくなるかもしれません。転職先はこれらも考慮して探した方がいいでしょう。