ブランクのある看護師が復帰するのにいいのはどんな職場?

Pocket

ブランクのある看護師が復帰するのにいいのはどんな職場?

ブランク明けの職場復帰。きちんと仕事に付いていけるか、周りに迷惑を掛けないかなど心配は尽きませんよね。ブランクの期間にもよりますが、いきなりバリバリ多忙な病棟で働くよりは、徐々に仕事に慣れていってステップアップしたいと考える方が大半のようです。

今回は、ブランクのある看護師の復職先選びのポイントについて考えてみたいと思います。

どんな働き方がしたいか、一度見直してみよう

まず、仕事に対する希望はどういったものかを見直す作業をしてみましょう。

仕事の負担によるストレスで前職を退職したのであれば、今回はストレスのあまりかからない職場を探した方が自分らしく働けそうです。出産・育児で仕事から離れた方は、今も続く子育てが無理なくできるような条件の職場がいいでしょう。

一方で、一旦仕事を離れて充電し、またバリバリ働いて多くのことを吸収したいと考えなおした方もいるかもしれません。この場合は、逆に大病院など高度医療や先進医療も行っている病院のほうがやりがいを感じるのではないでしょうか?

「ライフスタイル」を見つめなおして職場条件を絞る

自分の「ライフスタイル」を見つめなおすことも転職先を決めるのに大きなポイントです。女性は結婚によってライフスタイルが大きく変わります。既婚の方や子育て中の方は、「ライフスタイル」の条件が絶対的なケースが多く、例えば夜勤はできない、平日日勤のみ・・などの条件がはっきりしています。

一方独身の方では、仕事の休日に合わせて自分の時間を楽しめばいいと考える方が多いのではないでしょうか?しかし、無理してライフスタイルを変えて仕事をすることは、数年は耐えられても長く続けるのは難しいもの。ワークライフバランスが整ってこそ、自分らしくハッピーに仕事ができるものです。

例えば、年に1回は海外旅行に行ってリフレッシュしたい方は、夜勤もあるけれどまとまった休みが取れやすい病棟の仕事がいいかもしれません。週に数日のみの勤務で、自分の時間をしっかり取りたい方は、夜勤専従という選択肢もあります。

仕事一色の生活ではなく、「自分」も大切に。自分が輝ける環境についても考えてみてはいかがでしょうか?

>> ブランクがあっても安心?!看護師再就職これを押さえておこう