看護師の再就職に年齢制限は?気になる悩みにお答えします

Pocket

面接インタビュー

結婚や出産・育児などで一旦仕事から離れても、資格のある看護師はいつでも復帰できるのが大きな強み。とはいえ、歳を取った自分が仕事に付いていけるのか、不安を覚える方が多いのではないでしょうか。看護師としてキャリアを積んできて、ある一定の年齢で転職を考える方もいるかもしれません。

求人情報に必ずといっていいほど設定されている年齢制限、看護師市場はどのような状況にあるのでしょうか?

年齢制限は広くとっているところが多い

求人情報を見てみると、定年年齢である60歳前後を「年齢制限」として設定してあるところが多いようです。高齢の看護師でも応募できるということですが、採用されるかどうかはケースバイケースです。

例えば、病院や病棟では、夜勤を条件としているところが多く、夜勤に耐えられる体力が求められます。ずっと看護師を続けていて、夜勤もこなしてきたというのであれば、スムーズに順応できるでしょう。

しかし、一般的に40代を過ぎると体力の衰えから夜勤がきついと感じる看護師が増えます。長年夜勤をしてこなかった方がいきなり夜勤をするようになると、体調を崩す可能性もあります。このように、年齢制限はOKでも、現実的に応募が厳しいということもあり得ます。

キャリア次第で転職が有利に

一方で、30~40代の中堅からベテランの看護師を積極的に採用しているところもあります。一定の経験を積んでいることから即戦力となり、安心して現場を任せられるという期待があるためです。それ以上の年齢であれば、管理職としての採用もあるでしょう。

看護師としてのキャリアを積んできた方であれば、年齢をあまり気にする必要はありません。むしろ、転職に有利になるケースも多々あるのではないでしょうか。

ベテラン看護師を欲しがっている病院を探すことと、あなたのキャリアを上手くアピールすることが転職の秘訣といえます。そんな際、便利なのが看護師転職求人サイトです。登録すると、キャリアコンサルタントが、あなたとあなたを必要としている病院・クリニックをマッチングして、紹介してもらえます。キャリアコンサルタントに相談すると、ベテラン看護師を必要としている病院を探しやすいでしょう。

>> キャリアサポートや祝い金まで!看護師転職サイトを覗いてみよう

ブランク明けで、しかも年齢が40代以上の場合はどうでしょうか?ブランクという条件は不利かもしれませんが、それでも積極的に採用している病院はあります。先述した体力的な問題もあるので、日勤のみのクリニックや、グループホーム・デイサービスなどの介護分野から慣らしていってもいいかもしれません。