ホーム » ブランク・再就職 » 看護師転職で国からの再就職手当を受け取れる意外な方法

看護師転職で国からの再就職手当を受け取れる意外な方法

Pocket

看護師転職で国からの再就職手当を受け取れる意外な方法

就職すると「雇用保険」に加入する病院がほとんどです。退職して失業した状態になったとき、失業保険として給付金が支払われることはよく知られていますが、再就職が決まったときにも「再就職手当」がもらえることは余り知られていないかもしれません。今回は、再就職手当について見てみましょう。

失業保険と再就職手当の違い

まず、失業保険とは何でしょうか?再就職の意思があって、実際に仕事を探している方に対して給付金を支給し、失業による経済的負担を軽減しようというものです。支給期間や金額は、就業期間や退職時期によって決定されます。当然、再就職が決まったら失業保険の支給は終了します。

一方で、再就職手当とは、就業促進を目的に実施されているもので、失業保険給付金を使い切る前に再就職が決まるともらえる手当のことです。受給のためには、失業保険の支給期間が3分の1以上残っていることが前提条件です。

所定給付日数を3分の1以上残して再就職した場合は、失業保険の基本手当額×50%が再就職手当として給付されます。所定給付日数を3分の2以上残して、もっと早くに再就職した場合は、基本手当額の60%が給付されます。

退職後に失業保険を受けながら仕事探しをして、早く再就職すると、再就職手当がより多くもらえるということです。

さまざまな条件のある再就職手当、きちんと確認を

再就職手当を受給するにはさまざまな条件があります。

例えば、離職した職場への再就職はNGだということ、1年以上勤務すること、3年以内に再就職手当を受け取っていないことなどがあります。そして、ハローワークまたは職業紹介事業所の紹介による就職であることも条件に入っています。

雇用保険→失業手当→ハローワークという図式が一般常識になっていることもあって、これらの保険金を受け取るにはハローワーク紹介で仕事を探さなくてはと考えている方が多いのではないでしょうか。しかし、ここで「職業紹介事業所」での仕事探しも対象であることが明記されている点はチェックしておきたいところ。

「ハローワークで見つけた仕事じゃないし・・」とあきらめずに、転職サイトで見つけた仕事でも再就職手当はもらえることを覚えておきましょう。