介護の専門者として、ケアマネージャーの大きな役割3つ

Pocket

介護の専門者として、ケアマネージャーの大きな役割3つ

高齢化社会のわが国において、介護分野で大きく貢献しているのがケアマネージャー。介護支援専門員とも呼ばれるこの資格、取得したあとはどのような仕事をしているのでしょうか?今回は、ケアマネージャーの主な役割を3つご紹介します。

1.要介護認定における訪問調査

介護保険被保険者は、保険を受給するに当たって市町村の訪問・面談を受けなくてはなりません。基本的には市町村がこの仕事を行いますが、ケアマネージャーが訪問調査を行うこともあります。この結果と主治医意見書と併せて要介護度が認定されます。被保険者にとっては、認定結果によって受給できる保険金額が変わってくるので、この仕事はケアマネージャーにとって責任の大きな仕事といえます。

2.ケア実施に向けた働き

ケアプランの立案は、ケアマネージャーの大きな仕事だといえます。
ケアマネージャーは利用者(要介護者)や家族と面談し、介護上の解決すべき問題をクリアにします。その上で、問題解決に向けた援助方針や具体的方法などを示したケアプランを作成します。そして、必要なサービスの回数や時間などを設定し、利用者に説明し同意をもらいます。家族からのケアに関する相談や質問にも対応します。

介護ケアの実施は介護サービス事業者が行いますが、ケアマネージャーは定期的にモニタリングを行い、トラブルは起こっていないか、きちんと実施できているかをマネジメントし、必要に応じて調整します。

3.給付管理

1か月の保険料を計算するのもケアマネージャーの役割の一つ。その月のサービスの種類や実施回数・時間などから、各利用者の負担分を計算し、給付管理表を作成します。給付管理票は国保連(国民健康保健団体連合会)へ送付します。給付管理表がきちんと作成されないと、支払いが遅れる原因になるため、これもミスの許されない大切な仕事なのです。

いかがでしょうか?看護師として現場で働いていた方にとっては、給付管理という費用計算の仕事も新たに加わるので戸惑うかもしれません。保険制度はケアマネージャーが必ず押さえておかないといけない分野ですが、これが複雑で勉強が大変だったと感じる看護師が多いようです。

しかし、利用者の個別性に合ったケアプランを立案し、実施して喜んでもらえたら、ケアマネージャーとして大きなやりがいを覚えるのではないでしょうか?