認定看護師になってレベルアップ!より良い求人探しのために

Pocket

ナース

専門分野での高度な知識をもち熟練したケアを行うことができる認定看護師。認定看護師は2014年現在14263名おり、現場で看護の質を上げるべく大活躍しています。問題を抱えた患者のケアをどうすればいいのかについては、看護師として悩むことが多々ありますよね。

そのようなとき、ケア方法や関わり方などについて専門的なアドバイスをくれる認定看護師の存在はとても大きいのではないでしょうか?経験を積んだ中堅以上の看護師が自分自身のレベルアップのために資格取得を目指すケースも多いようです。

今回は、認定看護師の資格を取ってからの働き方、仕事の探し方について見てみましょう。

大病院での需要が高い

認定看護師は、専門資格所持者としてよりハイレベルなケアが行える能力が求められます。また、このような看護師が求められるのは入院施設を備えた大病院が多いでしょう。

クリニックで働ける可能性もあります。例えば、糖尿病を専門で診療しているクリニックでは、患者に対するフットケアや血糖マネジメントなどを指導することもあるので、糖尿病看護を熟知した認定看護師が欲しいからです。

また、人工授精などの生殖医療を専門で行っているクリニックでは「不妊症看護」の認定看護師の需要が高いでしょう。

給料や待遇が改善されないことも

転職を考えている方はまず、仕事を充実させたいのか、給料を上げることを優先させたいのか、といった自分の希望を考えてみましょう。

クリニックは、大病院と比較して軽症の患者が多いので、大きな看護問題を抱えた患者に接する機会が少なく、せっかく取った認定看護師の資格が生かしきれないということも起こり得ます。

また、一概には言えませんが、医療機関の経営状態によっては認定看護師に手当を余り付けてくれず、資格取得前と同じ待遇で働かなくてはならない・・ということもあります。

大病院は高度な医療ケアが求められますので、専門的なケアを行える認定看護師はとても需要が高く、手当を付けてくれるところも多いようです。

しかし、クリニックでは看護ケアにまで力を入れているところは少ないため、認定看護師に予算を多く回してくれるかどうかは不透明です。院長の考え方によるのかもしれません。

認定看護師として活躍できる環境にあるのか、待遇・給料面についてはチェックしておきたいポイントですね。

インターネットや広告などでの看護師求人でも募集していることはありますが、病院の背景・院長の考え方や待遇面まではくっきりみえてこないものです。看護師転職求人サイトであれば、転職コンサルタントが病院のこれらについても詳しく紹介してくれるので、仕事探しの参考になるのではないでしょうか。

 

おすすめの看護師転職サイト
転職を考えている方は、看護師転職サイトを活用するといいでしょう。登録すると、一般にはオープンになっていない非公開求人も紹介してもらえます。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

 
1. 利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

 
2. 紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。
求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク