生命を世に送り出すお手伝いをしたい!助産師求人どう探す?

Pocket

助産師求人どう探す?

キャリアアップの目的で、あるいは仕事内容を変えたくて助産師資格を取ったあなた。

改めて学校に入り、実習までこなして苦労してせっかく取った資格ですから、能力をしっかり活かせて、お給料もしっかりもらえるところで働きたいですよね。今回は、助産師の仕事の探し方について見てみたいと思います。

総合病院?単科病院?助産院?いろいろな選択肢

助産師の活躍できる場としては、いくつかの種類が挙げられます。

おそらく総合病院の産婦人科で働く方が多いのではないでしょうか?産婦人科医とも協力して仕事が行え、急変時にすぐ対応できるという点、他科が併設されているためトラブルにも対処しやすい点、設備が整っている点がメリットです。

また、産婦人科単科の病院で働く方も多いです。公立では、母子医療センターが全国に数か所あります。私立の病院ではインテリアやアメニティにこだわって、妊産婦が安心して受診・出産できるようにしているところも。妊婦健診や出産は自費診療なので、サービス面を向上させて顧客(受診者)を増やす戦略を取っているところも多いです。助産師を含むすべてのスタッフに対して、高い接遇スキルが求められるかもしれません。

そして、助産院。医師が常駐しておらず、助産師が主体となって運営しています。正常妊娠のみを扱い、もし何かあれば提携している病院に送ります。満足いくお産のスタイルを提案し、妊婦さんが生涯の大イベントを無事に行えるようサポートします。

どんな助産師でありたい?

さまざまな種類の職場がありますが、どのように選べばいいのでしょうか?待遇から決めるのも一つですが、自分がどのようなお産を扱う助産師になりたいかを考えた上で、勤務先の種類を決めるのもいいでしょう。

例えば、ハイリスク分娩についても見てみたい、ハイリスク新生児のケアに関わりたいなどの場合は総合病院。また逆に、妊婦さんのやりたいお産方法に寄り添う形で助産したいという方は助産院。産科病院によっては、分娩スタイルに特徴があるので、それを参考にしてもいいかもしれません。

求人探しは看護師転職サイトが便利

自力で助産師の求人を探すのもいいですが、同時に活用するといいのが、看護師転職サイトです。転職サイトに登録すると、一般には公開されていない、自力では見つけることができない求人も紹介してもらえますよ。人気の条件のいい求人は、大体が非公開求人になっていて、オープンになっていません。サイト登録・利用は全て無料なので、利用しない手はないですね。

また、プロのキャリアコンサルタントにいろいろ相談できるのもメリットの1つ。例えば「この職場ではお産に対してどのようなポリシーがあるのか?」といった答えは、一般に公開されている求人情報からは見えてこないことが多いですが、コンサルタントは実際に病院にも赴いているので、実際に見聞きしてきた情報を提供してくれます。コンサルタントの手を借りるのも一つの方法かもしれませんね。

 

おすすめの看護師転職サイト
転職や復職をお考えのあなたに、看護師の仕事の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

1. 顧客満足度96.3%「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
転職専門エージェントだからこその情報力とサポート力が魅力です。

>> マイナビ看護師 の公式サイトはこちら

マイナビ看護師

 
2. 転職祝い金最大12万円!サポートも充実「看護のお仕事」

全国の求人を網羅しているので、首都圏だけでなく、地元の就職活動にも利用できます。転職活動中のみならず、入職後も不安な点があれば相談に乗ってもらえるサポート体制も心強い。
また、看護のお仕事からの紹介で入職された方には、転職支援金が最大12万円支給されますよ。

>> 看護のお仕事 の公式サイトはこちら

看護のお仕事