既婚者・ママ看護師に人気!外来求人探しのポイントとは

Pocket

既婚者・ママ看護師に人気!外来求人探しのポイントとは

家庭のある方や育児中の看護師にとって、仕事をするうえでネックとなるのが夜勤。日中のみの勤務である外来であれば、夕方には家に帰れるので仕事との両立ができるのが魅力です。

しかし、「勤務時間がちょうどいいから」だけの理由で外来求人を探すのは避けたいものです。条件や働き方などもきちんとチェックしておくことが、後悔しない転職には必要なのです。

外来勤務は自分に向いてる?性格や働き方からチェックをしよう

それでは、外来への転職を考える看護師がチェックしたいポイントについて見てみましょう。

まず、働き方が自分に合っているかどうか。患者数がとても多い外来ではテキパキと臨機応変に動くことが求められます。時にはクレームに対処する接客技術も必要とされます。

そして、人間には個性があり、向き・不向きがあるように、看護師にも適性というものがあります。

例えば、テキパキ動くことが苦手で、ゆっくり患者と向き合いたい方にとっては、外来ではその希望を叶えるのは難しいかもしれません。夜勤がなく、患者とゆったり向き合える仕事であれば、外来よりもデイサービスや訪問看護という選択肢もあります。

そして、職場がどれぐらい忙しいかをチェックすることも、自分がちゃんとやっていけるかどうかをイメージする上で役立つでしょう。

そのチェックポイントの一つは、診療の予約制がどの程度導入されているかが指標になります。予約制のほうが、患者数や疾患などが把握しやすいので落ち着いて動けるからです。

外来なのに夜勤が求められることも。どのように業務を進めているか情報収集を

また、中規模以下の病院では、救急外来や点滴室などへヘルプに行かなくてはならないこともあります。運ばれてきた救急患者への処置をスムーズに行うために、外来看護師も分担して業務に当たります。

救急受け入れをしている病院では、外来看護師の当直を条件にしているところもあるので、確認しておいた方がいいでしょう。

しかし、これらについては、実際に入ってみないとわからないところもたくさんあります。転職前に自分でチェックするのは難しいものです。看護師転職求人サイトのコンサルタントに相談して、診療業務の運営方法に関する情報をもらうのも一つの方法です。

そして、忘れたくないスキルアップ

どの科に回っても対応できるマルチな能力か、それとも特定の診療科でのスキルを付けたいのか、自分はどのような外来看護師になりたいのか一度考えてみましょう。

幅広い診療科での経験を積みたいのであれば、外来の診療科をローテーションできる病院がいいでしょう。もし伸ばしたいスキルがあれば、転職する病院にそれを叶えられそうな診療科があるかをチェック。

例えば、病院に糖尿病専門外来があれば、そこで糖尿病療養指導士の資格を取ってキャリアアップすることもできるかもしれません。

転職を考えている方へ

転職を考えている方は、まずは転職サイトに登録しておき、いい求人が出てきたら紹介してもらうようにしておくといいでしょう。

以下の大手転職サイトなら、非公開求人をはじめ、多くの求人を扱っているので、あなたの希望に合った求人をいろいろ紹介してくれますよ。

なお、転職サイト毎に、扱っている求人が異なってきます。なるべく多くの求人をチェックしたいという方は、複数登録しておき、求人を比較検討できるようにしておくといいでしょう。

利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ
「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。

看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介
「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。

求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク