失明の恐怖!眼科看護師の大切な役割には精神的フォローも

Pocket

眼科看護師

眼科の仕事内容は

眼科で働く看護師の役割とは何でしょうか。検査の介助をしたり、点眼をしたり、手術の準備や術後の管理をしたり、目の見えにくい患者の日常生活援助を行ったり・・・といったところが思い浮かぶのではないでしょうか?

実は、眼科看護師ならではの役割があるのです。今回は、眼科患者の特性と看護師の働きについて考えてみたいと思います。

精神的不安に対するフォローが必要

眼科治療の対象はさまざまです。コンタクトレンズを作るためにクリニックに来院する若い方から、レーシックを受ける方、白内障や緑内障の手術を受けるために入院する方などです。特に手術を受ける方や、緑内障や網膜剥離の患者は、視力を失ってしまう不安を抱えているものです。

特に若い患者は絶望的になりがちなので、看護師はゆっくり話を聴き、患者が落ち着いて治療を受けられるよう精神的フォローを行う必要があります。

患者の精神フォローに関連しますが、特に手術を受ける患者に対しては、きちんと理解し納得できるようフォローしていくことも看護師の大きな役割です。

他診療科でも同じことが言えますが、疾患や手術については素人には分かりづらい内容のものが多く、主治医からの説明を受けてもよく分からないまま質問すらできなかった・・ということがよくあるものです。

分からないことを不消化のまま手術に挑むのでは、患者の不安は解消できないまま。タイミングを見て、患者の疑問や不安を解決できるよう関わることも大切ですね。治療や手術によって視力が回復して、患者の喜びにつながることは、眼科看護師にとっても大きなやりがいにつながるのではないでしょうか。

いかがでしょうか?眼科は身体侵襲の大きな手術は少なく、看護師の負担が比較的軽い診療科だと言われていますが、患者の複雑な気持ちに気づき寄り添える優しさが特に求められる科なのかもしれませんね。