ベテラン看護師活躍のウラに、泌尿器科特有の悩みがあった

Pocket

ナースステーション

「男性」を看ることに戸惑う

男性患者を多く看る泌尿器科。前立腺疾患・性病・インポテンツといった男性器に関連した疾患が多いのが特徴です。

そのため、泌尿器科で働くことに抵抗を感じる方が少なくないようですが、実際に働いている看護師はどう思っているのでしょうか?

泌尿器科で働く看護師の悩みとは

男性器を扱うことに抵抗がある

特に若い女性看護師は抵抗を感じる方が多いようです。しかし、術前の陰部剃毛や導尿、ベッド上安静の患者の陰部洗浄などを行う機会はどの病棟でもあるわけですから、これは看護師として業務の一環と捉えるべきでしょう。

セクハラが多い?!

メディアの影響なのか、患者の中にはセクハラまがいのことをしてくる人がいます。そのため、男性の陰部を扱う業務は男性看護師やベテランの年輩看護師を配置する病院も増えています。精液検査など、男性の「性」に直接関わる業務に戸惑う看護師もいます。

ナースマンならではの悩み

泌尿器科は男性患者が多いこともあり、男性看護師が配置されるところが多いようです。時代は変わりましたが、看護師といえばまだまだ女性の職場。職場の雰囲気になかなか馴染めず苦労する男性看護師もいます。一方、男性看護師の存在で職場の雰囲気がサッパリして働きやすくなったという声もあります。

実は急変も多い

医療機関にもよりますが、悪性腫瘍末期や腎不全による透析など、全身状態がよくない患者のケアを行うことが結構あります。急変の対応や看取りに立ち会うこともありますが、これは何度経験しても慣れないものですよね。

いかがでしょうか?「性」に関連する疾患を取り扱う特性ゆえ、これに戸惑う泌尿器科看護師が多いようですが、ここはチームワークで乗り切っている職場が多いようです。動じることなく淡々とケアを行える看護師が向いているのかもしれません。