腎臓や婦人科領域も?泌尿器科看護師の仕事内容は幅広い

Pocket

ナースステーション

泌尿器だけを看るのではない?!

泌尿器科で取り扱っている疾患は、排尿障害・性感染症・インポテンツ・尿路結石・膀胱炎・悪性腫瘍など様々なものがあります。尿路感染や尿路結石から腎盂腎炎を引き起こすことがよくありますが、腎臓関連の疾患も泌尿器科で治療を行うことがよくあります。

その他、性感染症では婦人科領域にも関連しています。このように、「尿路疾患と男性生殖器関連の疾患を治療する科」とされる泌尿器科ですが、実は腹部周辺の疾患も看る機会が多いのです。

全身の病態生理の知識が必要

それでは、泌尿器科ではどのような仕事を行っているのでしょうか?

泌尿器科病棟は、手術や化学療法を行う患者に加え、腎臓関連の疾患で透析をしている患者が多く、全身管理が必要なケースが多々あります。そのため、腎臓・循環器系など前身の医学的知識をしっかり持っておく必要があります。勉強しなくてはならないことは多いのですが、看護師として実力をつけるにはとてもいい経験になるでしょう。

腎結石や尿路結石に対して行われるESWLや、尿管鏡による治療など低侵襲で行う処置や小手術も増えているので、外来で治療を行ったり、1泊程度で退院する患者もいます。

その他、「陰部を治療する」という診療科の特徴があるため、陰部の消毒や処置などを行う場面は避けて通れません。一部の男性患者からセクハラまがいのことを受けたりすることがあるため、陰部処置の業務には年配や男性の看護師を配置する医療機関も多いようです。

不妊症やインポテンツなど、デリケートな内容の疾患も取り扱っているのが泌尿器科の特徴です。これらの疾患を抱えている方は、精神的に深く悩んでいるケースが多いので、話を聴きメンタルケアに努めます。ちょっとした言動で患者が傷つくこともあるので、注意が必要です。

いかがでしょうか?泌尿器科は尿路疾患のみならず、腎臓や婦人科系の疾患も絡んでいるため、幅広い医学的知識が求められることが分かりました。デリケートな特性をはらんでいるため、きめ細かい配慮ができつつも精神的に強い人が泌尿器科に向いているのかもしれません。

泌尿器科の仕事に興味のある方は、看護師転職求人サイトで情報収集してみましょう。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの看護師転職サイト
下記の看護師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

 
1. 紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。
求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク

 
2. 利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師