業務が単調で飽きる?仕事内容と特徴から考える内科看護師の適性とは

Pocket

内科看護師

内科経験は看護師としての強みに

様々な診療科の中でも最もスタンダードな科である内科。手術をせずに、主に点滴や投薬などでの治療を行う内科では、看護師は全身の観察力・アセスメント力が求められます。また、毎日多くの患者の点滴や採血を行わなくてはならないため技術向上が望めます。

全身を看ることができる上に、点滴・注射の技術が高いという理由で、内科経験のある看護師は即戦力として期待されるのです。

専門科や診療形態によって仕事内容は異なる

それでは、内科での仕事内容はどのようなものなのでしょうか?

これまでは様々な疾患を診る一般的な内科が主流でしたが、近年「呼吸器内科」「消化器内科」といった具合に専門性によって看板を分けている医療機関が増えています。どの科で働くか、病棟か外来かクリニックかによっても仕事内容は異なります。自分が何がしたいのか、どんな経験を積みたいのかによって転職先を絞ってもいいですね。

例えば、クリニックだと軽症患者が主ですが、注射や点滴をする機会は多いので技術向上を目指せます。加えてその科の特殊性を活かした診療がされていれば、あなたも経験を広げるチャンスがありそうですね。

ただ、症状に大きな変化のない慢性疾患や軽い風邪などの対応、毎日ひたすら点滴と採血…という日々を単調に感じて嫌気が差すケースもあるようです。

重篤な入院患者もいる病棟では、急変に対応しなくてはならない場面も。日々の観察や異常の早期発見が役割のひとつです。入院して行う処置・検査や人工呼吸器などの医療機器管理の経験を積めるのはやはり病棟でしょう。

急変や死亡など重いケースに当たる機会が比較的多いため心身ともにハードですが、全身の観察力・アセスメント力・技術面も含めて総合的な能力を高めるにはいい環境だと言えます。

内科看護師に向いている人は?

内科の治療は長期に渡ることが多く、外科に比べて回復具合が目に見えづらいという特徴があります。

糖尿病などで生活習慣指導を行っているにも関わらず、なかなか理解を得られず目指している効果が得られないケースも多々あります。当然、目標レベルに達するまで何度も関わっていかなくてはなりません。

このような理由から、内科はじっくり患者に寄り添える、根気のある人が向いていると言えますね。

内科で働いてみたいあなた。何となくハードルが高いと感じていませんか?注射がそれほど得意じゃない、急変の多い職場はやっていける自信がない…色々不安がありますよね。

病院の受け入れ患者の重症度や、どのような治療を行っているのか、急性期が多いのか慢性期が多いのかなども参考になりますが、求人情報に掲載されているものは「表向き」のものが多いのが実際のところ。

看護師転職サイトに登録すると、キャリアコンサルタントがいろいろ相談にのってくれますよ。職場の内部事情を聞いているのもありですね。また、あなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれたりします。転職を考えている方は登録して、転職活動を有利に進めましょう。

 

おすすめの看護師転職サイト
下記の看護師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

 
1. 利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

 
2. 紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。
求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク