医療現場で需要増、内視鏡室看護師の求人を探してみよう

Pocket

看護師

病院やクリニックなど、内視鏡室での需要は高まりを見せています。そして、働く側にとってみれば、夜勤がないことや急患がほとんど来ないことなどが魅力的な内視鏡室の求人。内視鏡の看護師求人を探すにはどうすればいいのでしょうか?

規則正しい生活、バタバタしない・・内視鏡室は人気の職場

内視鏡室は好条件の職場だという声が聞かれます。なぜでしょうか?

まず、夜勤がないこと。そして、急患がほとんどなく、残業も少ないところが多いことが内視鏡室の特徴です。これらの好条件は、一般的な看護師の職場ではなかなか少ないもの。

子どものいる方やプライベートを充実させたい方など、日勤のみで残業が少ないところを探している方にとってとても魅力的ではないでしょうか?

時間的余裕もあり、ゆっくり仕事を覚えられるというメリットもあります。

看護師といえば、急患や山のような業務で毎日バタバタしている・・といった働き方が多いのではないでしょうか?しかし、内視鏡室では検査人数やスケジュールが決まっており、業務内容が大きく増えることはないので、時間的にも精神的にも余裕を持って仕事に臨めます。

内視鏡の仕事は特殊な内容のものが多く、最初は覚えるのが大変かもしれませんが、一度覚えてしまえばあとは楽とよく言われています。

日々進歩している検査・医療技術に触れることができ、そして「病気の早期発見」に貢献しているという点は大きなやりがいとなるでしょう。

このように、内視鏡室で働くことにはさまざまなメリットがありますが、気になる点もあります。

例えば、専門的な診療科であるがゆえに、今後病棟に戻りたいときに経験面での不安が残るということです。病棟で日常的に行われている看護技術は、内視鏡室で行うことは少ないです。いつか病棟で働きたい方はこのデメリットも頭に置いておく方がいいでしょう。

実は少ない求人数、サイト登録、内視鏡併設クリニックへ転職する手も

それでは、内視鏡室の求人を探すにはどうすればいいのでしょうか?

需要が高まっている内視鏡室看護師ですが、人気が高いこともあり、実際に出ている求人数が少なめという実情があります。経験を重視し、非公開求人として募集をしている可能性もあるでしょう。

内視鏡の仕事がしたい方は、看護師転職求人サイトに登録し、内視鏡求人を探していることをキャリアコンサルタントに伝えておきましょう。内視鏡室の募集が出れば連絡してくれます。条件が合えば、非公開求人を紹介してもらえるかもしれません。

>> 人気の非公開求人はこちらをチェック

内視鏡の経験を積む目的であれば、内視鏡検査も行っているクリニックへ転職するのも一つの方法です。このように診療の一環として内視鏡検査を行っているクリニックは多く、比較的需要が高いと考えられます。