体力勝負、緊急オペ、急変・・脳外科看護師が抱える悩み5つ

Pocket

ナースステーション

脳外科はハードな職場?

脳外科や精神科や手術室は男性看護師が配属されやすい科として知られていますが、比較的体力が必要とされるという共通点があります。脳外科は本当に大変な職場なのでしょうか?

今回は、脳外科看護師の抱える悩みを5つピックアップしてみました。脳外科への転職を考えているあなた、一度参考にしてみてくださいね。

1.常に腰痛ベルトをまいて仕事をしている

麻痺のある患者が多いため、移乗介助で患者を抱える場面が多いです。また、看護業務以外にも介護的な仕事も多いため、なかなか座って仕事をできる時間が取れない現状があります。腰痛が慢性化して腰痛ベルトをして仕事をしている看護師も。

2.緊急オペが多いので、予定通りに仕事が進みにくい

脳出血やくも膜下出血などは急激に発症し、いち早く手術をして治療を行わないと生命に関わります。そのため、脳外科では緊急オペが多いのが特徴。看護師は通常の業務でもバタバタしているので、緊急オペが入ってなかなか仕事が進まず、ストレスに感じるかもしれません。

3.急変が多いので精神的にキツイ

脳外科は疾患の特性上、急変が比較的多い診療科でもあります。モニターを常にチェックしたり、痰の多い患者は痰を詰まらせないよう頻回に吸引を行ったり・・と何かと気が張るでしょう。

4.精神的ケアがつらい時がある

急に寝たきりになってしまったことで家族が受ける精神的ダメージは大きいもの。脳外科看護師は、家族への精神的ケアも考慮しなくてはなりません。

また、リハビリ期の患者の「思い通りに動けない」ストレスを受け止める度量も必要。患者や家族の不安や愚痴を聴く場面が多いのですが、ずっと聴き続けていてしんどくなってしまう看護師もいるようです。

5.患者とコミュニケーションが取れない

障害の程度によっては発語が思うようにできない方もいます。看護師は、何を求めているのかを積極的に聞いたりして探っていきますが、なかなかうまくコミュニケーションが取れないことも。

意識がしっかりしている方にとっては、思いが通じないことがストレスになって、怒りを表出されたり、逆にふさぎ込んでしまったりすることがあります。そして、看護師はコミュニケーションの難しさを目の当たりにします。

いかがでしょうか?脳外科は体力的にも精神的にもタフさが求められる診療科のようですね。仕事は大変ですが、患者や家族から頼りにされたり、一刻を争う状況から回復を遂げた患者が元気に退院できた時はとてもやりがいを感じるのではないでしょうか?