あまりの緊張感に潰れそう?!手術室看護師が抱える悩み5つ

Pocket

手術室看護師の悩み

特殊な現場に付いていけない?!

普段私たちが立ち入ることは少ない手術室ですが、医療ドキュメンタリーなどから、手術室看護師はテキパキと仕事をしているイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

手術室看護師にはどのような悩みがあるのでしょうか?そこには、一般の病棟とは異なった職場環境の特殊性が関係していることが見えてきました。今回は手術室看護師が抱える悩み5つをご紹介したいと思います。

手術のスピードや緊張感に付いていけない

手術は時間との勝負であり現場もピリピリしていますので、人によってはそれが合わないと感じることもあります。精神的にも肉体的にもハードな診療科だと言えますね。テキパキとした動きが求められるので、ゆったりと看護を行いたい人にとっては苦痛かもしれません。

覚えることが多すぎて付いていけず怒られてばかりでストレス

器具の種類や術式など、手術室勤務の看護師が覚えなくてはならないことは山のようにあります。しかも専門的な内容なので最初はとても苦労するようです。ピリピリした現場で間違えると怒鳴られることもしばしば。これにより落ち込んだり、人間関係が悪化する場合もあるのです。

将来に不安

手術室での看護は専門的な内容がとても多いです。そのため、「潰しがきかない」不安を感じ、将来のために一般的な看護スキルを身に付けようと病棟に転職する看護師もいます。

患者とのコミュニケーションが少なすぎる

手術室では、患者と関わる時間が圧倒的に少ないという特殊性もあり、「看護らしい仕事ができない」と不満を感じる看護師もいます。

看護の結果が見えづらい

ほんの数時間の関わりで終わることが多い手術室看護。自分が関わった結果、患者にどのような反応があったのか・・・という看護の結果を知ることもなく、患者は病棟へ帰ってしまいます。それにやりがいを失い、ゆったり関われる病棟への転職を考える看護師もいます。

いかがでしょうか?手術室での緊張感やスピードが合わないという悩みが多いようですね。仕事に慣れていくと、このスピード感も心地よくなってくるのかもしれません。しかし、看護師も人間ですから、性格的に合う・合わないというものはあって当然です。頑張ってみて無理そうなら、職場を変えて看護師を続けるという選択肢もあります。