なかなか入れない手術室、看護師の仕事内容が気になる!

Pocket

手術室

病棟や外来とは隔離された世界?!

病院の中で、感染コントロールが特に重要な手術室はなかなか立ち入ることのできない部署。病棟や外来での看護師の動きは目にすることができても、手術室の看護師の動きを知る機会はなかなかないですよね。ここでは、手術室では看護師はどのような仕事をしているのか紹介したいと思います。

覚えることがいっぱい!?

「器械出し」という言葉を聞いたことがありませんか?手術室の看護師が覚えなくてはならない重要な業務のひとつです。よくドラマでも見る、執刀医が必要な器具をサッと手渡す仕事のことですが、これが手術室に転職した看護師は大変だったと言います。

なぜなら、手術器具は大小含めてかなりの種類のものを取り扱いますし、脳外科・消化器科など科によっても使用する器具が異なるため、覚えるのがかなり大変なのです。

また、手術は時間との闘いなので、介助につく看護師が即座に器具を手渡すことができなくてはなりません。手術の進行を見て、次に何が必要か考えながら介助を行わなくてはスムーズな介助ができません。器具の種類を覚えるのはもちろん、さまざまな術式の流れについても理解しておく必要があります。

コミュニケーションの機会は少ないが観察と配慮が必要

手術室の看護師は患者とコミュニケーションを取る機会がとても少ないです。なぜなら、入室して麻酔をかけてしまうと患者の意識はなくなってしまい、手術が終わって意識が戻るころには病棟に戻るからです。しかし、限られた関わりの時間でも、患者のこころのケアも行います。

術前訪問を行っている病院では、術前の不安を緩和すべく、手術を受ける患者のベッドサイドに行って話を聴いたりします。

手術当日ですが、「外回り」と呼ばれる係を担当する看護師は、居所麻酔などで意識のある患者の訴えを医師に伝える役割を担います。痛い、気分が悪い・・・といった訴えはうまく伝わらないと患者の不安や苦痛につながりますので、こまめに観察し配慮を行います。

外回り担当は、その他に麻酔医の補助をしたり、術中の記録を付けたりしなくてはなりません。器械出し担当同様、手術中はテキパキとした動きが求められます。

いかがでしょうか?一般の病棟や外来とは違った特殊な診療科だと言えますが、専門を極めたいと認定看護師の資格を取る人もいる手術室看護。それだけやればやるほど奥が深いのかもしれません。

手術室の仕事に興味のある方は、看護師転職求人サイトで情報収集してみてください。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの看護師転職サイト
下記の看護師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

 
1. 利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

 
2. 紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。
求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク