手術室看護師の与えられた役割は「安全・確実・安心感」

Pocket

手術室看護師

手術室看護師のミッションとは

手術室は当然ながら手術を行う場です。執刀医・麻酔医・看護師などが協力し合って、安全・確実に手術の成功に向けた働きをしています。では、看護師の役割とは何なのでしょうか?安全・確実に業務を遂行するために、看護師がどのように動いているのかをご紹介したいと思います。

執刀医の右腕として、患者の状態の代弁者として

手術室看護師の大きな役割の一つである「器械出し」。執刀医が必要とする器具を即座に手渡し、スムーズに手術が進行するよう介助を行います。執刀医の右腕と言っても過言ではありませんよね。

では、この器械出しがもたついてしまうとどうなるでしょう?医師は術野から目を離せません。手を出しているのに欲しい器具がサッと出てこない、やりたい処置になかなか移れないと、医師によっては怒鳴られる場合もあります。

患者や家族の前では温厚な医師が手術室では別人のよう・・・とはよく聞く話ですが、それ位手術中はピリピリした雰囲気なのです。命に直結するのですから当然ですよね。

手術中は、バイタルサインの変動や急変が起こるかもしれません。麻酔医と共に患者の状態を観察し、患者に意識があって何か訴えている場合は、執刀医にこれらを報告することも大切な役割です。状態に変化があった時には、指示に応じて処置を行うことも必要です。

そして、術後はガーゼや器具のカウントを行います。開腹手術をした患者が、お腹にハサミが入ったままだった・・・というニュースを時々目にしますが、このような医療事故は避けなくてはなりませんよね。このように「安全・確実」のために手術室看護師の担っている役割はさまざまなのです。

手術を受ける患者はどうでしょうか?特に初めての手術となると、緊張と不安でいっぱいの方がほとんどではないでしょうか。手術室では看護師が患者とコミュニケーションを取れるチャンスはほとんどないのですが、術前訪問や入室時の挨拶など患者に温かい声掛けをして不安を極力取り除くような関わりを行います。

いかがでしょうか?手術室での仕事は緊張感がとても強そうですが、やりがいも大きいのではないでしょうか?手術室の仕事に興味のある方は、看護師転職求人サイトで情報収集してみてください。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの看護師転職サイト
下記の看護師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

 
1. 利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

 
2. 紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。
求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク