リハビリ科看護師の悩みは、特有の仕事内容に関係していた

Pocket

リハビリ科

高齢化・医療技術の進歩により高まるリハビリ科の需要

医療技術の進歩により、大きな病に倒れても一命を取り留めるケースが増えました。しかし、麻痺などの機能障害が残る方も増えた現実があります。

在宅でいかにQOLを維持しつつ生きていけるかということが課題の今、機能障害に対する治療や訓練を行い、患者が社会・家庭復帰ができるようサポートするリハビリ科の需要が高まっています。

患者が前を向いてリハビリに取り組む姿は、医療者としても心を打たれるものですね。しかし、リハビリ科で働く看護師にも悩みは色々ある様子。今回は、これらの悩みをいくつかご紹介したいと思います。

患者の対応・他職種との関わり・・リハビリ科ならではの悩みとは?

自暴自棄な患者への対応への戸惑い

ドラマやテレビ番組では、前向きに辛いリハビリを頑張る患者がクローズアップされていますが、そこにたどり着くまでの患者の苦悩はとても大きいものです。自暴自棄な患者にどう関わり、前向きな気持ちに持っていけるのかは看護師の大きな悩みです。

他職種との人間関係

リハビリ科では、理学療法士・作業療法士・福祉スタッフなどさまざまな方面の専門家と協力してケアに当たります。そのため、他職種連携がより求められる診療科ですが、それゆえ人間関係が複雑になりがちな病院もあるようです。

看護師としてのキャリアに悩む

医療と介護の中間的存在ともいえるリハビリ科。医療の現場でバリバリ活躍したい方にとっては、将来のキャリア形成に不安を感じることも。

意外と体力を使う

見守り援助が多いため、看護師はなかなかゆっくり座っている暇はありません。また、手術後の患者を支えたりする場面もあり、意外と体力を使うのです。

いかがでしょうか?リハビリ科は需要の高まりもあって、看護師の転職先としても人気があります。リハビリ科ならではの悩みは当然ありますが、患者に寄り添い、目標に向けてサポートしていきたい方には向いているかもしれませんね。