患者のADL回復を目指す、リハビリ科看護師の仕事内容とは

Pocket

リハビリテーション科

目標は「機能回復」

交通事故や脳梗塞などで身体の機能に障害が残ってしまった場合、患者は家庭・社会復帰を目指してリハビリに取り組みます。病院の機能が細分化されている現在、リハビリを専門的に扱う診療科も増えてきました。今回は、リハビリ科での看護師の仕事について見ていきたいと思います。

リハビリ科にはさまざまな専門家が集まり、協力して治療を行うという特徴があります。

身体機能に障害が残る原因はさまざまです。例えば、「歩けない」という症状ひとつ取っても、脳神経系のダメージからくるものであったり、骨・筋肉系の疾患によるものであったり、また血管障害からくるものもあります。

それぞれの専門医以外にも、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・リハビリ医、また福祉関連の専門家も患者に関わり、ケアを行います。

患者の意欲向上とリハビリ効果を引き出すために

では、看護師の役割とはなんでしょうか?

患者が前向きにリハビリを取り組めるように関わっていくのが役割のひとつです。時には少し距離を置いたり、励ましたり、患者の気持ちを考えながら患者のペースに合わせた関わりを行います。

適宜日常生活援助を行いますが、「自立」が目標なので、手を出し過ぎず見守ることも仕事のひとつ。どの辺まで援助を行うべきかは、PTやOTとも相談・評価しながら、チームで統一していく必要があります。このように、リハビリ科は他の科に比べて、より他職種連携が求められる診療科なのです。

機能不全が残る疾患は急激に発症するものが少なくありません。そのため、現実を受け入れられず自暴自棄になっている患者もいます。看護師は患者に寄り添い、患者が現実を受け入れて気持ちを立て直せるよう、メンタルケアにも取り組みます。

退院後の生活や介護など家族の不安も大きい事でしょう。福祉のスタッフにも介入してもらい、家族のケアにも配慮します。

いかがでしょうか?リハビリ科は「患者の社会復帰」という目標に向けて、それぞれの専門職が力を出し合って仕事をしています。チームワークでいい仕事がしたいと考える方に向いているかもしれませんね。

リハビリ科の仕事に興味のある方は、看護師転職求人サイトで情報収集してみるといいでしょう。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの看護師転職サイト
下記の看護師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

 
1. 利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

 
2. 紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。
求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク