業務範囲の壁、死産のショック・・産婦人科看護師の悩み集

Pocket

産婦人科

喜びと悲しみが混在する診療科

新たな生命の誕生に感動し、笑顔にあふれている・・・産婦人科での仕事にこのようなイメージを漠然と持つ方が多いかもしれません。喜びが多い診療科ではありますが、分娩トラブルや婦人科系の悪性疾患などの辛い現実にも対処していかなくてはなりません。産婦人科で働く看護師には、具体的にどのような悩みがあるのでしょうか?

超がつく忙しさ

「出産予定日」に本当に生まれる赤ちゃんはほとんどいません。陣痛は突然やってきて、刻一刻と状態は変化します。緊急帝王切開になったり、生まれたばかりの赤ちゃんの状態が急変することもあるので、産婦や新生児から目が離せず気が休まることがないかもしれません。急性期を更に忙しくした診療科だという人もいます。

助産行為ができない

産科にいながら、「分娩」という大きな仕事に関われないことに悩む看護師もいます。これは法律で定められていますし、助産師とは受けている専門教育が異なりますから、仕方のないこと。産婦人科でやっていきたいと決めたら進学して、助産師資格を取得する努力家の看護師もいます。

死産などのトラブル

赤ちゃんは100%無事に生まれる保証はありません。予定日近くになって死産で生まれて来ることもありますし、妊婦健診ではわからなかったが生まれてみたら奇形があったということも時にはあります。突如目の前に現れた現実に対する両親のとまどいや悲しみ。これらを受け止め、前向きに進んでいけるように関わるのも産婦人科看護師の役割です。しかし、両親の辛い気持ちがわかるだけに、看護師としても精神的にキツいと思う人もいます。

言葉がけに気を遣う

産婦人科は、女性器というデリケートな臓器を扱う診療科であり、また不妊や悪性腫瘍などの喜ばしくない悩みで治療を受けていて、中にはとてもナイーブな方もいます。看護師は患者(妊産婦)に対する言葉がけには特に注意を払う必要があります。

いかがでしょうか?産婦人科は命の誕生という喜びが大きい分、死産などのイベントに出会った時の悲しみをより強く感じやすいのかもしれません。忙しい診療科ではありますが、とてもやりがいがありそうですね。