新しい生命と母体を守る!産婦人科看護師の仕事内容とは

Pocket

看護師転職

生命の誕生と死が混在する特殊性

看護師として働いていると、患者を看取る場面は避けて通れません。患者の死は、何度経験しても辛いものですよね。

産婦人科は、死とは真逆である「生命の誕生」を取り扱う診療科です。また患者(産婦)は女性ばかりということもあり、なんとなく華やかで明るいイメージを持ってしまいますが、実際にはどうなのでしょうか?

産婦人科はその名の通り、お産を扱う産科と、婦人科系の疾患を扱う婦人科が一体となった診療科です。そのため、同じ病棟にお産のために入院している方と、例えば子宮摘出の手術で入院している方が入院している場合もあります。

また、お産もすべてが順調に進むわけではありません。生まれてきた赤ちゃんの健康に問題があったり、死産といったケースもあります。婦人科疾患で亡くなるケースもあります。

それぞれの入院背景は異なり、場合によってはとてもデリケートなケースもあるので、患者に細やかに配慮する必要があります。病院によっては、産科と婦人科を分けているところも多くあります。

看護師の活躍の場は主に婦人科領域

産婦人科での看護師の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

出産に関わるケアは助産師が行います。看護師の資格ではこれらのケアを行うことは法律的に認められていないためです。看護師は、産前の妊婦の状態観察や採血・血圧測定・尿検査や服薬指導などを行います。

産後は母子の状態観察やケア、授乳介助や赤ちゃんの沐浴などのケアを主に行います。出産という最前線でのケアが行えないことから、進学して助産師の資格を取る看護師もいます。

看護師として存分に力を発揮できるのは、婦人科領域ではないでしょうか。手術を行う診療科なので外科に属しますが、仕事内容は外科と同じく、術前オリエンテーションや術後の観察・採血・点滴などを行います。

悪性腫瘍の場合は、疾患への不安と子宮摘出による喪失感から精神的にダメージを受けている方も多いです。女性として患者の気持ちに共感して、心のケアに取り組む優しさが必要ですね。

いかがでしょうか?産婦人科の仕事に興味のある方は、看護師転職求人サイトで情報収集してみるといいでしょう。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの看護師転職サイト
下記の看護師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

 
1. 利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

 
2. 紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。
求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク