肉体的にも精神的にもタフさが必要?精神科看護師の悩み集

Pocket

ナースステーション

精神科ならでは悩みを見てみよう

精神科は、その他の診療科と比較して目に見えにくい疾患を取り扱っているという特徴から、どのような世界なのか分かりづらいと感じる方が多いかもしれません。疾患の特殊性から尻込みする方もいるのも事実。実際に精神科で働く看護師には、どのような悩みがあるのかが気になりますよね。

ここでは、精神科看護師の大きな悩みをいくつかご紹介したいと思います。

症状悪化、暴力、暴言・・・

精神疾患で入院している患者の対応は、症状が安定しているときはいいのですが、悪化したときには手が付けられないことが多々あります。患者に突然暴力を振るわれたり、暴言を吐かれたりして精神的に参ってしまう看護師も。看護師自身が仕事のストレスで心を病んでしまうこともあるのです。

これは疾患の特性上仕方がないことですが、ストレスを溜めこまないようにサッと気持ちを切り替える術が必要だと言えますね。

将来に対する不安

精神科では検査や採血などの一般的な医療行為が少ないです。その分、患者とのコミュニケーションや傾聴や介護的な業務の割合が多く、ゆったりした時間の中でのケアを行っていますが、この現状に対して不安を感じる方もいます。

将来の転職に不利なのではないか、看護師としてのスキルアップが図れないのではないか・・・と悩み、転職を考える精神科看護師も多いようです。

やりがいを感じられない

精神科でのゆったりとした時間、目に見えにくい治療効果、長い経過といった要素が絡まり、自分が今やっていることに意味があるのか?!と悩む看護師もいます。

確かに治療効果がはっきりわかりやすい科の方がやりがいは感じやすいかもしれませんが、各診療科ごとにモチベーションを感じるポイントは異なるもの。自分なりに今の仕事のやりがいを見つめなおしてみてもいいかもしれませんね。

いかがでしょうか?精神科看護師は、精神科ならではの悩みを抱えながら、こころの病に苦しむ患者のケアに尽力していることが見えてきますね。自分なりのやりがいを見つけることができたときに、精神科看護はあなたの天職になるのかもしれません。