少子化で小児科が減っている?!小児科看護師求人を探す方法教えます

Pocket

小児科看護師の仕事

少子化で小児科は減少、しかし需要は高い

子どもが好きな人、元気になった子どもの笑顔を見たい人など、小児科を目指したい看護師は少なくないのではないでしょうか?

しかし、わが国は少子化による子どもの人口減少や、訴訟リスク、そして医師不足による大きな負担を回避して小児科医の減少・小児科施設の縮小といった問題を抱えています。

2012年10月時点での厚生労働省の報告によると、小児科の医療施設数は19年連続減少、20年前と比較して約32%も減少しているとの事でなかなか深刻な状況と言えます。

では、小児科医療は需要がないのかというと、そうではありません。インターネットにより医療情報を手軽に入手できるようになり、保護者の健康管理意識が向上しました。しかし、情報が多すぎて逆に混乱している保護者も多いのです。

軽症も含めて、クリニックには多くの疾患の患児が受診します。保護者に対して、病状や自宅でのケア方法などを正しく説明し、保護者が病状についてきちんと理解して安心できるように導くことも小児科看護師の役割と言えるでしょう。

「小児科はキツイ、保護者への対応が負担」と避ける看護師も多いですが、需要は高くやりがいのある診療科と言えます。

小児科求人はどう探すか

小児科施設が減少していると先に述べましたが、それでも生活圏内に施設を見かけることが多いのではないでしょうか?または、総合病院に小児科があるはずなので、縮小や閉鎖がされていない限り、そこで活躍できるチャンスもありますね。

ただ、「小児科医療過疎地域」と呼ばれる地域もあり、内科や外科といったメジャーな科に比べると簡単に施設を見つけるのが難しい方もいるかもしれません。

特に「近くに小児科の募集がない」とお悩みの方、看護師転職求人サイトの利用が便利ですよ。日本全国の幅広い地域を網羅し、膨大な求人数を誇るものばかりなので、通勤しやすい場所での小児科求人が見つかるかもしれません。また、検索機能もあるので、施設の種類や休日・待遇などから希望の職場を探すこともできます。

また、登録しておくと非公開求人を紹介してもらえるチャンスが。これは、一般的には公開されておらず、病院側が「こちらの希望にマッチした人がいれば教えてください」とエージェントに依頼しているものです。コンサルタントがあなた側と病院側の希望が合いそうなら紹介してくれるのです。条件のいいものが多く、転職を考えている看護師にとても人気があります。

施設減少が問題とされている小児科ですが、転職求人サイトを利用すれば希望の職場に出会えそうですね。

 

おすすめの看護師転職サイト
下記の看護師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

 
1. 利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

 
2. 紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。
求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク