患児さん?ご家族?小児科看護師の悩みはコミュニケーションにあった

Pocket

小児科ナースステーション

小児科には特有の悩みがある

小児科看護師といえば、子どもたちに囲まれて、明るい職場でいきいきと働いている印象を持つ方がいるかもしれませんよね。しかし、実際は小児科での仕事はハードで、体力面・精神面に辛い面があると聞きます。

実際に小児科で働く看護師が持つ悩みにはどのようなものがあるのでしょうか?成人看護しか経験していない方にとって、異なった仕事環境での悩みを見ることは、目からウロコの発見があるかもしれません。今回は小児科看護師の悩みについて見ていきたいと思います。

看護の対象は「本人+親」

小児科では、保護者も看護の対象であることが特徴です。病気で苦しむわが子を前に、保護者は不安と緊張でピリピリしていることが多く、看護師に対してクレームをつけられることもあります。

当然看護師は子どものためにと思っていろいろやっているのですが、その気持ちが通じなかった時はコミュニケーションや信頼関係を築くことの大変さを感じるようです。「子どもは可愛いけど、親の対応が辛い」と感じている小児科看護師は多いのです。

そして、患児はまだまだ意思疎通が難しい年代が多いため、我慢をしてもらったり協力を得ることがなかなか難しいのも悩み。複数の受け持ち患児が同時に泣いてしまい、対応に苦慮することも。

処置や注射をする時は安全のために押さえつけてやる場合が多く、それに心を痛める看護師もいます。しかも、理解力がまだ十分ではないため、せっかく入れた点滴の必要性が分からず抜かれてしまうことも。

これは看護師監督責任に関わりますし、保護者によっては責められることもあります。子どもを押さえつけてまた点滴を入れなくてはならない羽目になり、泣いて暴れる子どもを見て辛い気持ちになります。

いかがでしょうか?小児科はコミュニケーションが得意で周囲への気配りが行える看護師だと、保護者との信頼関係を築きやすいのかもしれませんね。