子どもを看るだけじゃない?小児と成人で異なる看護師の仕事内容とは

Pocket

小児科

子どもに関するあらゆる疾患を診る

小児科とは、子どもの病気を診る診療科です。子どもとは新生児から15歳までを指します。成人看護では疾患ごとに診療科が分かれていますが、小児科では内科的なものから耳鼻科、皮膚科まであらゆる疾患を診るので、とても勉強になる診療科だと言えます。

子どもの時期の15年は、大人と違って心身ともに変化の大きな15年です。成人と異なり、自分で症状をはっきり言えないため看護師はしっかり観察し客観的に判断していかなくてはなりません。

また、物心付いた時期を過ぎると、母親から離れることが大きなストレスになる子どもが多いので配慮が必要です。子どもとの関わり方も気を遣わなくてはなりません。

子どもだけではない、保護者も看護の対象

そして、保護者へのフォローもとても大切な役割です。わが子が病気になって不安で仕方がない保護者に対するフォローや、未熟児や先天性の疾患があるわが子を受け入れることが出来ない保護者に対するフォローも看護師の大きな仕事なのです。

可愛いわが子が病気や治療で苦しむ姿を見ていると辛くなるものです。特に大きな病気や、障がいが残るような疾患であれば、子どもの将来に不安を抱くのは当然の事。小児科看護師はこのような保護者の不安を受け止め、保護者が現実を受け入れられるよう援助することも必要なのです。

ただ、保護者の不安や愚痴を受け止め続けなくてはならないため「子どもを看るのは可愛いが、親御さんへの対応が大変」と漏らす小児科看護師も少なくありません。

クリニックは大忙し?

巷でよく見かける小児科クリニック。子どもは抵抗力が弱いためインフルエンザや風邪・腸炎などの病気にしょっちゅうかかります。そのため、小児科クリニックはいつも患児でいっぱい。特に冬場のインフルエンザ流行の季節は、小児科クリニックの看護師は大忙しです。

「子どもが風邪っぽいけど、受診して他の病気を貰ったら困る」といった保護者の不安もあるので、診察待ちの間に配慮をしたり、電話での問い合わせへの対応も行います。

いかがでしょうか?小児科は子ども好きなあなたにとっては、とてもやりがいのある職場になるでしょう。なお、小児科の仕事に興味のある方は、看護師転職求人サイトで情報収集してみては。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの看護師転職サイト
下記の看護師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

 
1. 利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

 
2. 紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。
求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク