家族のケア、発達に合わせた関わり・・小児科看護師の役割は幅広い

Pocket

小児科看護師の役割

小児科看護師の業務内容は幅広い

小児科には小さな子どもが多く、子どもの好きな人にとってはとても楽しい職場ではないでしょうか?また、子ども向けの内装がされているので、職場そのものが「病院らしくない」ところが多く、明るい感じがしますよね。

小児科看護師は、疾患に対する看護、手術を受ける子どもに対しては周術期の管理、入院によるストレスへのケアの他にも、子どもの家族へのフォローなど幅広い対応が必要です。子どもの病気は急に症状が悪化することもあるので、細やかな観察が求められます。

また、クリニックや外来では、乳児健診を行ったり、風邪や腸炎なども含めたさまざまな疾患の診療、予防接種など幅広い業務を行います。軽症が多く入院はないため、看護師の精神的負担は軽いかもしれませんが、多くの子どもが受診するのでスムーズに回るように配慮し、長い待ち時間で子どもが疲れないよう努めます。

小児科看護師に向いている人は?

子どもが好きな人が向いていると言われる小児科ですが、他にも求められる要素はあります。

例えば、言葉でまだ上手く言い表せない子どもの気持ちをくみ取り客観的に観察できる冷静さ、子どもや家族に配慮できるきめ細やかさや、家族へのフォローが必要なのでコミュニケーションが苦手ではない人が向いていると言えるのではないでしょうか?

子どもは月例・年齢によって身体面・精神面での発達が大きく異なります。これらを理解して子どもに接することもプロとして大切ですね。「今の状態が正常なのか、ちょっと問題がありそうか」が解っているのか解っていないのかによって、看護師の日々の観察に差が出ます。

いかがでしょうか?小児科看護師は、子どもの気持ちをくみ取って家族の不安を聴いて安心感を与える優しさと、冷静な観察能力が必要だと言えそうです。