病院とは違った世界?!デイサービス看護師の抱える悩み5つ

Pocket

デイサービス

穏やかな時間が流れるデイサービス

要介護のお年寄りを日中のみケアするデイサービス。そこには、病院とは違った雰囲気の時間が流れているといいます。急変はほとんどなく穏やかに仕事ができそうですが、デイサービスで働く看護師にも悩みがあるようです。今回は、そのいくつかについてご紹介したいと思います。

デイサービスの看護師の悩みとは

スキルアップへの不安

デイサービスでは検査や治療は行わないので、ほとんどが介護やコミュニケーション関連の業務です。病院で行っているような、いわゆる看護師らしい仕事がないため、最初は戸惑うかもしれません。そして、将来病院に戻ったときに大丈夫か心配に思い、ここで働き続けていていいのか悩む人もいるようです。

介護職との関係

職場はほとんど介護職スタッフなので、他職種との関係づくりに悩む看護師もいます。

看護師が少ない

看護師が自分ひとりということが多く、介護職スタッフに囲まれて少し寂しい気持ちになることがあるかもしれません。

給料が安い

デイサービスは日勤のみの仕事です。そのため、当然ながら夜勤手当は付きません。病棟からデイサービスに移って給料が減ったということはよくある話。しかし、これまでの給料で慣れていたので、夜勤がなくなって身体面は楽になったけれども、経済面がちょっと苦しくなってきたという悩みも聞かれます。

雑用が多い

デイサービスでは、介護的な業務はもちろん、ゴミ捨てや掃除、施設によっては調理補助まで看護師が行うところもあります。介護関連の施設で働く看護師の業務は雑用が多い傾向にありますが、デイサービスで働く看護師にも同様の悩みがあるようです。

 
いかがでしょうか?利用者が楽しく安全に過ごせるよう健康管理を担うデイサービス看護師。日勤のみで、仕事そのものはキツくないことから、プライベートを大切にしたい方や、既婚の看護師に人気があります。身体的・精神的負担を軽くしながらも看護師としては働き続けたい方に、デイサービスは向いているのではないでしょうか?

 

アナタにおすすめの転職求人サイト
MC─ナースネット
「MCナースネット」では、常勤のみならずアルバイトや単発など様々な求人があります。
会員(登録無料)になれば、病院・クリニック・企業・介護施設・健診・デイサービス・添乗・訪問入浴など、ライフワークに合わせて転職からアルバイトまで幅広くお仕事を紹介してもらえます。
MCナースネット