介護職とのあつれき?!老健で働く看護師の抱える悩みとは

Pocket

老健

職場環境と仕事内容が悩みのもと?

お年寄りの自宅での生活復帰を目指して、リハビリや生活全般を支える老健。看護師は入所中のお年寄りの健康管理を主に行いますが、施設内に圧倒的に多いのは介護職などの他職種のスタッフです。病院のナースステーションには看護師がたくさんいるので、その環境に慣れた方は、最初違和感を感じるかもしれません。

医療行為が少なく、急変もほとんどないので、仕事が楽だと考えられがちな老健ですが、ここで働く看護師にも悩みがありました。今回は、老健看護師の多くが抱える悩みをご紹介しましょう。

他職種に圧倒される

スタッフの数としては介護職の方が多いので、その環境に馴染めずに孤独感を味わう看護師もいます。また、介護職は介護の専門職としての誇りを持って働いています。看護師が介護的な仕事をした場面で、色々と注意され気分を害することもあるかもしれません。ここは、看護のプロ・介護のプロとして、お互いに尊重し合う姿勢が大切だといえますね。

医療スタッフが少ないので何かあった時が不安

老健では入所者数の3割分の人数のスタッフを配置し、スタッフ全体の2/7程度の看護師を確保するようにとされています。例えば、90人規模の老健だと、21名以上の介護スタッフと9名以上の看護スタッフを設置しなくてはなりません。交代勤務なので、実際はいつも9名の看護師が働いているわけではありません。

そして、急変が少ない老健ですが、入所者が高齢者という特性上、いつ何が起こるか分からないという意識で働くことが必要です。何かあった時に、少ない医療スタッフでしっかり対応できるのか、連携がうまくいくのか、不安に感じる看護師もいます。施設内でできる医療行為にも限界がありますので、連携体制については特にしっかり確認しておく必要がありますね。

今後のキャリアが心配

医療行為という、いわゆる「看護師らしい仕事」が少ないので、将来医療機関へ転職する際に不利になるのでは・・と不安に感じる看護師もいます。

 
いかがでしょうか?老健看護師は、介護的な仕事から健康管理まで幅広い働きでお年寄りを支えています。どの科でも同様に悩みはついてくるものですが、お年寄りとの関わりが好きな方には向いているかもしれません。

なお、転職を考えている方は、看護師転職求人サイトを活用してみるといいでしょう。登録するとキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポート。人間関係、離職率、雰囲気、評判など、外からではなかなか見えない情報もよく知っているので、いろいろ相談してみるのもいいでしょう。職場のリアルな情報なども教えてくれますよ。これなら安心ですね。特に転職を失敗したくない!という方は利用してみるといいでしょう。

アナタにおすすめの看護師転職サイト

マイナビ看護師
マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
転職専門エージェントだからこその情報力とサポート力が魅力です。
マイナビ看護師

 

看護のお仕事
全国の求人を網羅しているので、首都圏だけでなく、地元の就職活動にも利用できます。転職活動中のみならず、入職後も不安な点があれば相談に乗ってもらえるサポート体制も心強い。
また、看護のお仕事からの紹介で入職された方には、転職支援金が最大12万円支給されますよ。
看護のお仕事