ホーム » 看護師転職の状況について » チェックしよう、40代での看護師転職のメリット・デメリット

チェックしよう、40代での看護師転職のメリット・デメリット

Pocket

看護師

仕事の経験を積み、すっかりベテランの域に入った40代看護師。病院によっては師長になっている方がいるかもしれません。管理職的役割を任されることも増えるのが40代です。しかし、40代で転職を考える方がいます。この時期の転職のメリットやデメリットは何があるのでしょうか?

管理職や特別なスキルを持った看護師が求められる

40代にさしかかると、体力的な面やコストの面から採用されにくくなるという現状は少なからずあるようです。一方、管理職としての人材や、特別なスキルを持った看護師に関しては比較的有利です。

40代といえば、人生経験を多く積み人間的にも成熟した方が多いです。若い看護師であれば慌てふためくようなことでも、どっしりと構えて冷静に対処できるのは、これまで積んできた経験があってこそ。

上手に流すこともできるようになるので、円満な人間関係を築きやすいのが、仕事をするうえでのメリットといえそうです。

年齢制限の壁、夜勤が辛くなるのも40代

いざ転職となると、年齢制限が設けられている病院が多いことに気付きます。特に夜勤を条件としている病院では、体力的に問題のない若い看護師が優先的に採用されます。

そして、体力的に大きく衰えを感じやすいのは40代以降といわれています。40代に入ると夜勤が辛くなってくる方が多くなります。しかし、夜勤をやめて日勤のみとなると、収入が減ってしまうことがほとんどです。

このように40代での転職は、若干不利になってくる印象ですが、必ずしもそうではありません。これまでに培ってきたキャリアやアピールできる強みがあれば、いい条件で採用されることもあります。

>> 病院看護師の優良求人はこちらをチェック

ブランクナースの仕事復帰も40代前後が多い

そして、育児がひと段落した看護師の仕事復帰というケースも多いのが40代の特徴です。20代30代で結婚・出産をした場合、子どもがある程度大きくなって、仕事に出ようと本格的に動けるのはちょうどこの年代に当たります。

ブランクがありますので、普通の看護師転職とは状況がまた異なります。ブランクナースに対する教育プログラムが充実し、積極的に採用を行っている医療機関は結構あるので、やる気次第では再びバリバリと働くこともできるでしょう。

体力面やプライベート面など、状況が変化することも多い40代。希望条件の合った職場へ転職することで生活がハッピーになるかもしれません。看護師転職求人サイトでは「ブランクOK」「夜勤なし」などの条件の求人も揃っていますよ。

また、転職サイトに登録すれば、転職コンサルタントからのアドバイスも無料で受けることができます。不利になりがちな40代での転職は、自分の強みをいかにアピールするかも大切です。専門のコンサルタントからのアドバイスはとても参考になるのではないでしょうか。

転職を考えている方へ

転職を考えている方は、まずは転職サイトに登録しておき、いい求人が出てきたら紹介してもらうようにしておくといいでしょう。

以下の大手転職サイトなら、非公開求人をはじめ、多くの求人を扱っているので、あなたの希望に合った求人をいろいろ紹介してくれますよ。

なお、転職サイト毎に、扱っている求人が異なってきます。なるべく多くの求人をチェックしたいという方は、複数登録しておき、求人を比較検討できるようにしておくといいでしょう。

利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ
「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。

看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介
「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。

求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク