ホーム » 看護師転職の状況について » 50代でもOK?実例からみる、看護師転職と年齢の実情

50代でもOK?実例からみる、看護師転職と年齢の実情

Pocket

ナースステーション

50代といえば看護師長などの管理職看護師が増えますが、まだまだ現場で患者のケアに貢献している看護師もいます。大ベテラン看護師として、後輩からも患者からも頼りにされる存在の50代看護師ですが、転職を考える方が少なくありません。なぜでしょうか?

看護師生活も大詰め、体力的にきつくなる50代

50代ともなると、看護師生活のゴールが見え始める時期です。体力が必要とされる看護師の仕事。記憶力・視力・体力など、年齢の影響は仕方がない面もあります。身体的に辛いのでゆったりと働ける職場で自分らしく働きたい、夜勤のない職場で自分の体力に合わせて働きたい・・と転職する方が増えるのが50代なのです。

キャリアが30年近い、とある50代の看護師Aさんは現場で働くことにやりがいを見出していました。「管理職にならないか」という打診を断り続けてきましたが、やはり体力の衰えには勝てず夜勤が辛くなってきました。今まで通り働くことに限界を感じ、転職を考えるようになりました。

そこで、Aさんは看護師転職求人サイトに登録し、コンサルタントに相談してみました。これまで急性期・慢性期とも経験しており、看護師としては十分な経験があるものの、働き方を変えたいという希望から夜勤のない訪問看護を提案されました。1日数件のみと、訪問件数が多いステーションではないので、体力的にも負担が少なく働けそうです。

Aさんは訪問看護師として再スタートを切りました。これまでの経験を活かしたケアやコミュニケーションで利用者や家族に安心感を与え、高評価を得ています。

キャリアアップ転職組と働き方を変えたい組に分かれる50代

転職を考える50代の方にとって気になるところは、果たして求人があるのかという点ではないでしょうか?50代での転職は、管理職としてのキャリアアップ転職と、Aさんのように体力への不安などから働き方を変えるケースに大きく分かれます。

後者の場合、転職先の候補としてはデイサービスやクリニック、療養型介護施設、有料老人ホームなどがあります。これらの施設では病状の安定している方が多いため、比較的ゆったり働けるのではないでしょうか。

実際に、50代以降の看護師も多く活躍しています。若い看護師にはない落ち着きは利用者や患者、そして後輩看護師にも安心感を与えられることでしょう。体力的に無理のない範囲で、経験を活かして、周囲に頼ってもらえる職場であれば、モチベーションをキープして働けそうですね。

管理職求人は、看護師転職求人サイトの非公開求人として取り扱っているものもあります。看護師としての経験・管理職としてのキャリアやリーダーシップ・人物など、管理職では求められる条件が高度という特性も関係していると考えられます。

転職を考えている方へ

転職を考えている方は、まずは転職サイトに登録しておき、いい求人が出てきたら紹介してもらうようにしておくといいでしょう。

以下の大手転職サイトなら、非公開求人をはじめ、多くの求人を扱っているので、あなたの希望に合った求人をいろいろ紹介してくれますよ。

なお、転職サイト毎に、扱っている求人が異なってきます。なるべく多くの求人をチェックしたいという方は、複数登録しておき、求人を比較検討できるようにしておくといいでしょう。

利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ
「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。

看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介
「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。

求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク