看護師として一度は経験すべき?病棟への転職、いろいろ知りたい

Pocket

ナースステーション

病院の規模や種類などによっても異なる仕事内容や忙しさ

看護学生の多くは、学校を卒業したら病院に就職します。そして病院では多くが病棟配属になり、看護技術や医療的な面まで多くを学びます。外来やクリニックと比べ、入院加療が必要な症例では綿密な観察やケアを必要とすることが多く、看護師として経験を積むには適していると言えます。

病棟に就職しなかった方、自分のキャリアのために病棟を経験しておくべきか悩むことはありませんか?ここでは病棟での働き方について、少しご紹介したいと思います。

病棟勤務と一概に言っても、働き方や待遇は病院の状況によって大きく変わります。

例えば、民間の総合病院では点滴のルート確保や採血などは看護師が行いますが、大学病院では研修医が行います。そのため、大学病院の看護師が民間の総合病院に転職しようとした時に、点滴や採血の経験不足を感じるというケースはよく聞く話です。

また、民間の総合病院にも大小さまざまな規模のものがあります。中小規模の病院であれば、採血・ルート確保はもちろん、保清や事務的な細かい業務も看護師が行わなくてはならず、本来行うべき「看護の仕事」に集中できないという悩みも。

では、病棟の種類ではどうでしょうか。

やはり急性期病棟は、検査・処置・手術・・と大忙しですが、変化の大きな急性期の観察や処置を行うことが多いので、アセスメント能力や看護(医療)技術が身に付くでしょう。

慢性期病棟では比較的じっくりと患者さまに関わることができるのではないでしょうか?ただ、慢性期病棟でも入院している患者さまの重症度や介護度によって忙しさは異なりますので、看護体制と共にチェックしておいた方がいいですね。

そして、病棟に付き物の夜勤ですが、日勤のみOKという求人もよく見かけます。「病棟経験は積みたいけど夜勤はできない」というあなたも一度相談してみては如何でしょうか?看護師求人サイトには「夜勤なし」といった検索項目から求人を探すこともできますよ。

病棟勤務の給料ってどれくらいもらえるの?

看護師の基本給は外来・クリニック・病棟ともおおむね同じ水準ですが、病棟勤務の場合夜勤手当が加算されるので比較的高めです。そのため、夜勤の多い病棟は必然的に高給傾向に。

検査や処置の多くは日勤帯でやってしまうため、夜勤は仕事が少なくて楽・・と夜勤を好む看護師もいます。しかし、交代勤務で生活が不規則になるので、負担に感じない程度の夜勤回数の病院を選んだ方がいいですね。

病棟看護師の需要は?

「看護師=夜勤、きつい」というイメージがついている私たちの仕事。体調を崩したり、子育てのため病棟を離れる看護師も多いのが実情。病棟は慢性的な人材不足なので看護師の需要は高いと言えます。

実際、看護師求人サイトには常に多くの病棟求人があります。病棟の仕事に興味がある方は、看護師転職求人サイトで情報収集してみてはいかがでしょうか。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの看護師転職サイト
下記の看護師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

 
1. 利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

 
2. 紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。
求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク