中途採用ではキャリアをアピール!看護師転職面接のコツ教えます

Pocket

面接シーン

人間性やコミュニケーション能力が問われる面接

転職を考えているあなた、気になる病院での採用試験はどのようなものなのか気になりますよね。

中途採用では面接のみの病院が目立ちますが、特に大学病院や公立病院では筆記試験も課せられるところが多いようですので、きちんと準備しておきたいものです。筆記試験では、小論文や適正・一般常識、専門知識などが問われます。

看護師は「人と接する」職業。それゆえに、コミュニケーション能力や人間性なども重視されます。そのため面接は必須項目であり、面接重視と言っても過言ではないでしょう。

それでは、面接対策はどうすればいいのでしょうか?ここでは、中途採用の面接でよく聞かれる質問を踏まえつつ、対策を考えてみたいと思います。

面接で必ず聞かれるポイントを押さえよ

看護師転職の面接試験で必ず聞かれることを押さえておきましょう。

「看護観」は多くの病院の面接で聞かれる質問です。なぜ看護師を目指したのか、看護はあなたにとって何か・・などの質問を通じて、あなたの看護という仕事に対する姿勢、ひいては入職後にきちんと求める仕事をしてくれるのかを判断するのです。

また、これまでの経験や得意分野も聞かれることでしょう。あなたが看護師をやってきて得た学びや得意な看護分野はどんどんアピールしましょう。

中途採用では即戦力が期待されます。できないことをアピールするのは当然NGですが、得意分野が多く病院のニーズとマッチしている看護師は「即戦力」と判断される可能性が高まります。面接前に自分の看護技術経験をまとめておくと安心ですね。

中途採用面接で回答に悩む質問のひとつに「前職の退職理由」があります。退職理由は人それぞれですが、もし人間関係が原因であれば直接明言を避けた方が無難です。

人間関係問題の複雑さは、限られた面接時間できちんと理解してもらうのは難しいです。誤解を与えて「またスタッフと何かあったらすぐに辞めてしまうのでは?」といった印象を持たれてしまってはもったいないですよね。

仕事や自分のステップアップに絡めた理由に置き換えると、相手方の印象もアップします。

例えば、人間関係が原因で2年で退職したとします。「いずれは○○科の経験を積みたいと思っていたのですが、前職の病院で一定期間働いてからと考えていました。一定期間働き、ある程度経験を積むことができたので、こちらの病院で○○科の看護に携わりたいと考えました」といった具合に言い換えるのです。

面接の最後に「質問はありますか?」と問われることも多いです。できれば待遇面については余り細かく聞かずに、入職後の業務内容や教育内容、キャリアアップなど仕事に関連する内容が好印象でしょう。

とは言え、待遇や給料はとても気になるもの。そんなときは、看護師転職サイトを活用するのもありですね。登録するとキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポート。コンサルタントがあなたの代わりに給料や待遇の交渉もしてくれますよ。

また、希望の待遇・給料があれば伝えておけば、それにマッチした求人を探してくれますし、面接前のチェックポイントもアドバイスしてくれます。転職サイトを上手に利用して、あたなに職場を見つけてください。

 

おすすめの看護師転職サイト
下記の看護師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

 
1. 利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

 
2. 紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。
求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク