ホーム » 看護師転職の状況について » 中途採用の看護師が絶対聞かれる志望動機、あなたはどう答える?

中途採用の看護師が絶対聞かれる志望動機、あなたはどう答える?

Pocket

看護師転職

志望動機であなたの仕事に対する熱意をアピール!

看護師の転職で必ず課せられる面接試験。人に接する仕事であるため、面接官は面接を通じてあなたのコミュニケーション能力や人柄をチェックしています。

そして、必ずと言っていいほど聞かれるのが「志望動機」。病院は当然ながらヤル気のある人材を求めています。「この病院でいいか」と思いながら働いている看護師と「ぜひ、この病院で!」と思って働いている看護師では、仕事に対する熱意は大きく異なり、パフォーマンスも差が出てくると考えられるものです。

「志望動機」では、その病院のどこに惹かれたのか、自分は入職したらどのような仕事をしたいのかを話すことで、ヤル気をアピールすることにつながります。

本音は封印することも時には必要?!

あなたは、どうしてその病院で働きたいと思いましたか?待遇でしょうか?給料でしょうか?それとも家から近いから?

面接官に好まれる(いい印象を与える)答えがあります。それは、「仕事やステップアップ」に関連した前向きな回答です。

ひょっとしたら、正直なところ高給だからその病院を選んだのかもしれませんよね。しかし、それをそのまま言ってしまうと余りいい印象を与えられません。

ここは相手に好印象を与えそうな答えが自分の心の中にないか探ってみましょう。

まず、面接に行く病院の情報収集をします。その病院の特色や、病院の理念などを調べていくうちに、そこで自分はどのような看護ができるのか、ひいては志望動機までがイメージできてくるでしょう。

病院の情報については、看護師求人サイトから情報収集したり、コンサルタントに問い合わせすればスムーズですよ。

例えば、どのように答える?

では、具体的にどのような回答例があるのでしょうか?

例えば、急性期を経験しているあなた。急性期のような時間や処置に追われる日々から解放されたいと思い、慢性期病院の面接を受けました。

「これまで急性期病院で看護を行ってきましたが、処置や観察に追われてゆっくり患者様と関わる時間を持つことができませんでした。リハビリ期に入りさまざまな苦悩を抱えながら転院する患者様を見ていて、社会復帰や自宅退院を目指すご本人の意欲を引き出し、心の支えになれる看護師になりたいと考えるようになりました」・・といった具合に、過去のエピソードを交えて、あなたの意欲を伝える方法もあります。

これまでの経験を振り返ってみると、自分の看護や仕事に対する考え方に影響を与えたエピソードがあるはず。簡潔にエピソードを踏まえると、話の内容がいきいきと伝わりやすくなる効果があります。あなたの志望動機が面接官の心を動かせるよう、「どう伝えるか」を考えてみてもいいですね。

面接を乗り切る自身があまりない方は、転職エージェントを活用する手も。転職エージェントに登録すれば、あなたの転職活動をフルサポート。キャリアコンサルタントが転職活動での相談事、要望に答えてくれますよ。面接対策の相談もありです。面接は看護師転職の大きな関門。しっかり下準備をして希望の転職先を勝ち取ってくださいね。

 

おすすめの看護師転職サイト
下記の看護師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

 
1. 利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

 
2. 紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。
求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク