看護経験を最大限に生かせる転職先、訪問看護師の転職事情は?

Pocket

訪問看護

在宅看護が増えた今、訪問看護師への転職は売り手市場

高齢化社会となったわが国では、高齢者介護は大きな課題です。ここ数年で、介護関連の施設やサービスが一気に増えました。入院生活を終えた高齢者の中には、退院後に自宅で在宅介護サービスを受けている方も多く、介護・在宅関連の業種はとても需要が高いと考えられます。

家族や本人の希望により在宅介護を選択するケースの他にも、「空き待ち」のため施設入所のタイミングが合わず在宅介護をスタートされる家庭もあります。

いずれにしても、急性期を脱したとはいえ疾患を抱える高齢者を在宅で24時間看なくてはならないのは、家族や介護者にとって不安であり、肉体的・精神的にも大きな負担になることは間違いありません。

訪問看護師は定期的に自宅を訪問して利用者の観察やケア(保清、創傷処置、ドレーン交換など)を行い、家族や介護者の話を聞いてフォローを行うことが大きな役割です。

住み慣れた環境で生活が送ることができるのは高齢者にとっての願いではないでしょうか。また、その希望を叶えてあげたいが不安も抱えている家族を支え、両者の希望(満足のいく在宅介護)を叶えるお手伝いができることが、訪問看護師のやりがいと言えるでしょう。

訪問看護師に求められるのは経験

では、訪問看護師になるにはどのような資格や経験が必要なのでしょうか?

訪問看護師は、看護師の資格さえあれば業務に就くことができます。介護的な場面も多いので、多少の知識はあった方がいいかもしれません(講習を実施する事業所もあるようです)。

訪問看護師として働きながら、ケアマネージャーや認定看護師などのキャリアアップを図る看護師もいます。

病棟経験があれば更に望ましいでしょう。なぜなら、訪問先ではさまざまな医療ケアを実践しなくてはなりません。ケアの程度は異なるにせよ、入院患者は病棟でケアを受け、在宅患者は自宅でケアを受けるのです。

また、急変時の対応や重症患者のケアを行った経験は訪問看護では大きく役立ち、異変の早期発見にもつながります。これらの経験を養うことができるのは病棟。病棟勤務経験者で、訪問看護師への転職を考えている方は有利だと言えます。

実際は、経験は相談に応じてくれる求人がほとんどなので、興味のある方は一度転職エージェントに相談してみましょう。

給料はクリニックと同レベル?!

気になる給料ですが、事業所の母体や規模によっても変わるようです。実際は370~450万円くらいが相場。日勤のみとなるため大きな給料アップは期待しない方がいいかもしれません。

ただ事業所によっては、夜間オンコールや24時間体制を取っているところもあります。その場合、手当が加算されるので給料が増えるかもしれませんね。また、経験の豊富な看護師であれば、能力給が加算されるかもしれません。

業務内容の特色なども含めて、求人数の多い看護師求人サイトで情報収集をしてみてはいかがでしょうか?登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの看護師転職サイト
転職や復職をお考えのあなたに、看護師の仕事の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

 
1. 顧客満足度96.3%「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
転職専門エージェントだからこその情報力とサポート力が魅力です。

>> マイナビ看護師 の公式サイトはこちら

マイナビ看護師

 
2. 転職祝い金最大12万円!サポートも充実「看護のお仕事」

全国の求人を網羅しているので、首都圏だけでなく、地元の就職活動にも利用できます。転職活動中のみならず、入職後も不安な点があれば相談に乗ってもらえるサポート体制も心強い。
また、看護のお仕事からの紹介で入職された方には、転職支援金が最大12万円支給されますよ。

>> 看護のお仕事 の公式サイトはこちら

看護のお仕事