成功する転職は現状を知ることから!看護師の転職って厳しいの?

Pocket

看護師転職の現状

看護師の転職事情は?どんな働き方があるの?

働く人なら一度は考えたことがある転職。条件のいい、自分に合った仕事が順調に決まればいいのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

看護師の転職事情は世間一般では有利であると言えます。高齢化社会のわが国では医療サービスの需要が必然的に高く、また介護業界も急成長しているため、いわゆる「手に職」のある医療従事者や看護師は売り手市場だからです。特定の分野での経験を積んだ看護師は特に有利でしょう。

また、看護師の資格があると、病院や医療機関にとどまらず、保育園・企業・治験などさまざまなステージでその知識と経験を生かすことができるのが強みです。

>> 子ども好きの看護師に人気!保育園での1日からみる仕事内容
>> 臨床を離れた働き方、需要の高い治験看護師求人を見てみよう

転職先としては、どのようなところに人気があるのでしょう?

長期にわたる景気低迷のためか、人気があるのは「公務員」扱いとなる公立病院。しかし、募集が多いのは圧倒的に民間病院です。多くの優秀な看護師を獲得するため、多種多様な福利厚生や働き方・教育などに工夫をこらしている民間病院も多いので、魅力的な求人に出会える可能性が高いと言えます。また、急成長を遂げている介護関連・在宅分野で医療知識を生かす看護師も増えています。

夜勤が辛い看護師に人気があるのは、健診やクリニック、企業の保健室(産業看護師)です。夜勤手当がないため収入は減ることが多いようですが、自分の生活と健康を第一に考えたい看護師に多く選択されています。

看護師の年収は?

気になる看護師の年収。一般的な年収(病棟勤務)は450~500万円と言われていますが、経験者の場合、過去の経験やスキルが考慮されるので収入アップも狙えそうです。もし特別な資格があったり、管理職としての転職であれば、高い給与レベルが期待できます。

>> あなたの給料はどう?転職で金銭的にも満足いく看護師生活を

病院や施設によって規定が異なるため一概には言えませんが、看護師転職求人サイトではさまざまな病院の求人情報を見ることができ、年収を含めた条件を知ることができるので参考になりますよ。

昇給率も気になる!

入職時は比較的高給とされる看護師ですが、その後の昇給はどうなのでしょう?
1年目は良かったが、2年目以降は控除が増え、しかもほとんど昇給がないため手取りが減った・・というのは良く聞く話です。

しかし、中堅どころとなる3年目で収入が増えたというケースがあります。
一連の業務はこなせるようになり、新人のプリセプターを任されたり、即戦力としても師長や先輩に頼られる存在になるこの時期。信頼されるが故に、役割が増えるのもこの時期の特徴なのです。

具体的には、周囲のフォローのための夜勤や残業時間の増加があります。そして、これらの手当が加算されて給料が増える・・というのが現実のようです。収入は増えたが仕事でクタクタ・・という3年目看護師も少なくありません。

このご時世、病院に限らず一般企業においても、大きな昇給率を期待するのは難しいでしょう。労働に対する報酬(残業・夜勤)ではなく、自分の能力に対する評価(技能手当など)をどの程度してくれるのかもチェックしてみるといいかもしれませんね。3年目、5年目のモデル年収を聞いておくのも参考になるでしょう。