ホーム » 看護師転職の状況について » 家庭も仕事も大切!結婚を機に看護師転職する方が見るべき点

家庭も仕事も大切!結婚を機に看護師転職する方が見るべき点

Pocket

看護師転職

一般的に、女性のライフスタイルは結婚や出産に伴い大きく変化します。しかし、女性が圧倒的に多い看護師の仕事では託児所完備、育休充実など働きやすい環境が整っている職場が多いというメリットがあります。

それでは、結婚を機に転職を考えている看護師がチェックすべき点にはどのようなものがあるのでしょうか?

パートナーは仕事に理解がある?協力的?

まず、結婚相手と仕事をどうするか話し合いましょう。

仕事を続けたい看護師は、結婚相手にも仕事に理解のある男性を選んでいる傾向がありますが、パートナーの理解や協力度は仕事をしていくうえで重要なポイントです。

あなたの仕事がどのようなものかを理解してもらい、家を空ける時間がどれぐらいで、家事がどれぐらいできそうか(役割分担など)もしっかり話し合っておきましょう。

忙しい仕事ながらも、やりがいがあるので働き続けたい方がいるとします。しかし、家のことがおろそかになるのを嫌うパートナーであれば、プライベート面で問題が発生する可能性が高いでしょう。その場合は、お互いの妥協点を見い出して、働き方を変えたほうがいいのかもしれません。

仕事を続けるのに影響する「子どもの有無」

出産をどうするかも話し合っておきましょう。

もし、働きながら子育てをするのであれば十分な下準備が必要です。母親一人で子育てと仕事をこなすことは本当に大変です。一人で背負うのはやめて、パートナーや周囲を巻き込みましょう。

子どもが小さいうちは夜勤を止める看護師も多いです。今働いている病院で、日勤のみに変更はできるかどうか相談してみるか、条件の合う職場を探すのもいいでしょう。

託児所や保育園に預けるとしても、職場から遠いとお迎えが遅くなってしまいます。何かあったときにすぐ駆けつけられないのも心配。院内に託児所があるととても便利です。出産後も働きたい方は、託児所のある病院を探してみてはいかがでしょうか?看護師転職求人サイトにも「託児所付き」の求人が多く紹介されています。

>> 託児所付きの求人はこちらをチェック

そして、子どもはよく熱を出したりするので、病気の時の対応についても根回しをしておかなくてはなりません。パートナーや親戚との連絡体制や、かかりつけの病院、病児保育などについては、事前にしっかり確認を。

「妊活」のために職場を変える看護師も

「寿退社」ということばは死語になって久しいですが、結婚を機に退職・転職をする看護師は少なくありません。特に忙しい職場で働く方では、今の働き方では平和な家庭を築けないと考えてしまうのかもしれません。

そして、妊娠・出産を視野に入れて転職をしている方もいます。仕事が忙しすぎてストレスの高い職場だと、流産・早産などのトラブルが心配です。そのため、結婚を機にゆったりと仕事ができる病院に移り、始まった家庭生活を安定させ、妊娠・出産へつなげたいと考えるのです。

結婚を控えた看護師は、「パートナーの理解度・協力度」そして「出産をどうするか」をきちんと確認しておきましょう。これらは今の職場で働き続けられるかを考えなおす指標になることでしょう。

結婚を機に看護師転職を考えている方へ

結婚を機に看護師転職を考えている方は、まずは転職サイトに登録しておき、いい求人が出てきたら紹介してもらうようにしておくといいでしょう。

以下の大手転職サイトなら、非公開求人をはじめ、多くの求人を扱っているので、あなたの希望に合った求人をいろいろ紹介してくれますよ。

利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ
「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。

看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介
「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。

求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク