ホーム » 転職準備マニュアル » 看護師転職面接で絶対聞かれる志望動機。どう言えば好印象?

看護師転職面接で絶対聞かれる志望動機。どう言えば好印象?

Pocket

面接インタビュー

志望動機で見ているあなたのヤル気

転職面接で必ずと言っていいほど聞かれるのが「前の病院の退職理由」と「この病院を選んだ志望動機」です。病院側としては、長く働いてくれる前向きに頑張るナースが欲しいものです。

また、医療の仕事はチームプレーですから、協調性がなくヤル気のない人材は敬遠されるでしょう。そこで、病院としてはこれら2つの質問を通じて、あなたがどんな人物かを見極めようとしているのです。

では、退職理由や志望動機について、どのように伝えれば印象を上げる事ができるのでしょうか。

では、具体的には?

志望動機として好印象を与えるのは「成長したい」という向上心があるかどうかです。その病院で学びたい事ややってみたい事をアピールできればいいですね。

では、例えばどのようなものがあるのでしょうか?

・「前職では病棟看護師としてさまざまな経験をさせていただきましたが、こちらの病院の○○という新たな科で、これまでの学びを生かしつつ更に経験を広げることができればと考えました」

・「前職は夜勤もこなしていましたが、体調がすぐれない事が多く、気持ちに余裕をもって患者様に接する事ができていないと気づきました。全ての患者様にいい看護を行うためには、自分が健康である事が大事だと考えるようになりました。こちらの病院の勤務体制や業務内容をお聞きし、思うような看護ができるのではないかと思い、応募させていただきました」

いかがでしょうか?退職理由が何であれ、それを仕事にどう結び付けていくのかがポイントと言えますね。

人間関係で退職した場合、どう伝える?

では、退職理由が仮に人間関係であった場合はどうすればいいのでしょうか?

人間関係についてを限られた時間内で正しく伝えるのはとても難しく、「協調性がないのではないか」「すぐ辞めてしまうかも」などと誤解を与えがち。また、余り良い印象を受けない面接官もいると思われます。

敢えて本当の退職理由には触れないでおきましょう。「経験をある程度積んでから新たな分野での看護を勉強したいと思っていましたが、こちらでならステップアップが目指せそうなので働いてみたいと思いました」といった具合に、仕事に関連した志望動機にすり替えて、あくまで前向きな姿勢でアピールするのが無難と言えます。