難病患者に新薬を届けたい!治験看護師 (CRC)の仕事内容とは

Pocket

薬

病院を出て働く選択肢も

看護師の働き方は、いまや病院やクリニックにとどまらず、幅広い選択が可能となりました。今人気の働き方の一つに治験看護師(CRC= Clinical Research Coordinator)があります。治験コーディネーターとも呼ばれ、新薬開発に欠かせない「臨床試験(治験)」がきちんと実施できるよう、被験者(患者)・医師・薬剤師などの間に入ってさまざまな調整を行います。

実際に目にする機会が少ないため、CRCの仕事に対するイメージが湧きにくいかもしれませんね。今回は、気になるCRCの仕事内容をご紹介したいと思います。

新薬発売前の治験は必須

まず、治験とはなんでしょうか?
新薬や医療機器が開発・発売されるまでに、製薬会社は長い期間をかけて、安全性や薬効を調べる試験をしています。治験とは、新薬や医療機器を人体に使用してデータ収集を行う試験のことです。治験の段階によって、健康な人や患者など対象を変えて実施されます。また、治験はどの医療機関でも実施できるわけではなく、国の基準によって定められた施設でのみ行えます。

新薬を世に送り出すお手伝い

CRCは治験指定の病院施設で仕事をすることが多いです。主に、被験者と医療従事者の間のスケジュール調整や、製薬会社との連絡役を担っています。検査値が正しく取れるように、病院スタッフをサポートすることもあります。被験者の不安を聴き、相談に乗って、医師とのパイプラインになることも重要な役割です。

安全性が確立していない薬を試すのを怖いと感じるのは人間の心理として当然のことです。しかし治験は、安全性や効果の保証された新薬を届けるためには通らなくてはならない道でもあります。難病患者が、藁にもすがる思いで治験薬を試すケースもあるでしょう。被験者の気持ちはとても複雑で、治験が緊張を強いられるものであることは想像に難くありません。被験者の負担軽減には、スムーズ・確実な検査と、十分なコミュニケーションがとても大切なのです。

コミュニケーションスキルが求められるCRCの仕事。仕事柄患者とのコミュニケーションも慣れている看護師にとって、臨床経験やコミュニケーションスキルを活かせる職場だといえましょう。

CRCの仕事に興味のある方は、看護師転職求人サイトで情報収集してみるといいでしょう。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

アナタにおすすめの転職求人サイト

マイナビ看護師
マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
転職専門エージェントだからこその情報力とサポート力が魅力です。
マイナビ看護師

 

看護のお仕事
全国の求人を網羅しているので、首都圏だけでなく、地元の就職活動にも利用できます。転職活動中のみならず、入職後も不安な点があれば相談に乗ってもらえるサポート体制も心強い。
また、看護のお仕事からの紹介で入職された方には、転職支援金が最大12万円支給されますよ。
看護のお仕事