看護師の転職先にも選ばれる医療コンサルタントの仕事とは?

Pocket

医療コンサルタント

企業に転職する看護師は仕事内容や働き方の大きなシフトチェンジに挑戦し、能力を活かした新たな働き方を実現しています。企業といえば製薬会社や医療機器メーカーへ転職する看護師が大半ですが、医療コンサルタントという働き方もあります。今回は医療コンサルタントの仕事内容について見てみましょう。

ヘルスケア事業の経営・運営面でのコンサルティングを行う

医療施設や介護施設などのヘルスケア領域に関するコンサルタントを受け持つ医療コンサルタント会社ですが、具体的にはどのような仕事をしているのでしょうか?

大きな病院も倒産することが少なくない現在、病院経営・運営の重要さが注目されています。これまで、医療領域は研究や治療ばかりにウェイトを置いてきたので、経営面に関する知識が十分ではない、または不安を持っている経営者(院長など)が多いのです。

医療コンサルタント会社は、マーケティング戦略・資金調達や実行支援・電子カルテなどのIT戦略といった経営面のコンサルティングから、病院内の業務改善に関する提言などを行っています。

病院へのヒアリング→現状問題分析→情報収集・分析→プロジェクト立案・実行→病院へのフィードバックやコミュニケーションの流れを繰り返して、目指す目標に到達できるようチームで働くのが、業務の大まかな流れのようです。

金融面での資格や知識もあれば有利

そして、医療コンサルタントに転職する看護師もいます。院内の業務改善については、臨床経験を活かすことができそうですね。

ただコンサルタントは、臨床とは全く異なった性質の仕事なので、一から勉強しなくてはいけないこともたくさんあります。医療コンサルタントになる上で有利なのは、金融や財務会計系に関する知識がある人材です。また、分析など数字を相手にする業務もあるので、これらに強いほうがベターだと言えます。医療コンサルタントを目指す看護師はMBAを取得したりしていますが、プラスアルファの資格や知識があると有利でしょう。

臨床とはまったく異なった医療コンサルタントの仕事。臨床経験を活かしながらも、更に違った方向で自分を成長させたい方にいいのかもしれません。コンサルタントの仕事はハードですが、給与水準は高く、またクライアント(病院)に喜んでもらえた時の達成感は大きなやりがいにつながります。そして、病院環境や経営を改善することで、患者への貢献にも。