看護師ならではの経験を生かそう!製薬会社でMRをする選択

Pocket

製薬会社でMRをする選択

MRに転職する看護師もいる

病院やクリニックで看護師をしていると、出会うことの多かった製薬会社のMR。逆に看護師がMRに転職するというケースもあるのです。ドクターに薬を売り込んでいる営業職がMRだと思いがちですが、実はMRはただの営業職ではないのです。今回はMRという仕事について見てみましょう。

モラルが求められる公益性の高い仕事

医薬情報担当者とも呼ばれるMR。その仕事内容は、製薬会社の営業職という側面だけではなく、医師が安全かつ効果的に薬を使えるよう情報を適切に提供する役割を併せ持ちます。また、担当の薬剤を使っている患者に有害事象(発熱・下痢・蕁麻疹なども含めた、身体にとって望ましくない反応)があれば、それに関する情報収集も仕事の一環として義務付けられており、この情報を基に薬剤の安全性管理が行われます。

このように、一般の営業職よりもモラルや倫理的な面が求められるのが、MRの特徴といえます。近年は業界内での規制強化により、ドクターへの接待などは厳しく制限されています。

きちんと仕事をすることで、ドクターとの信頼関係を築くことができます。そして、それが営業成績につながる点が、MRの営業スタイルの特徴といえるのではないでしょうか。

認定試験もあるMR

一般的な営業職と異なり、専門性が特色でもあるMR。ドクターに対して薬物治療に関する情報を正しく提供できるだけの専門知識が必要です。そこで、毎年MR認定試験が実施されており、資格を取るMRも大勢います。認定試験は6科目に分かれ、合格率は約80%です。

臨床経験があり、ドクターの扱いにも比較的慣れており、医療施設の内情を理解しやすい看護師は、MRを目指すのに有利な立場にあるといえます。もちろん、MRとしての専門知識に関する勉強は必要。しかし、看護師としての経験を生かして、別の立場から患者の治療をサポートできるというのは面白い働き方かもしれませんね。

MRは製薬会社の社員ですので夜勤はありませんが、営業職として心身ともにハードだと感じる方は多いようです。それでも、コミュニケーションを取ることが好きで、自分がドクターに提供した情報や薦めた薬で治療効果が上がったときはやりがいを感じる方が多いのも事実です。