意外と多い製薬会社で働く看護師、どのような求人があるの?

Pocket

看護師

薬の発売の裏に多くの人の働きが

看護師の知識と経験を生かした働き方が広がってきたこともあり、臨床を離れて転職をする看護師が増えています。企業転職の中でも、製薬会社は人気のある転職先のひとつです。製薬会社で薬が作られて世に出るまでに、そして発売されてからも、その裏にはさまざまなスタッフの働きがあるのです。そして、看護師もそのスタッフの一員として働いています。今回は、製薬会社での働き方について見てみましょう。

治験関連業務・安全性関連業務の需要が高い

製薬会社での看護師求人として一番多いのは、CRA(臨床開発モニター)や治験コーディネーターなどの治験関連の業務です。

>> 臨床を離れた働き方、需要の高い治験看護師求人を見てみよう

また、看護師の需要が高い部署としては安全性部門(ファーマコビジランス)もあります。これは、治験薬や市販後薬の安全性を監視するために、情報収集や国へ報告を担当する部署のことです。

治験薬や市販後薬を使用した後に起こった有害事象(発熱や下痢なども含めた望ましくない症状)に関する情報を収集し、規定に沿って厚生労働省に報告することが法律で定められています。その報告書には、有害事象の詳細に加えて、治験薬との因果関係について、企業としての考えも含めたものを作成しなくてはなりません。

また、因果関係を判断するのに情報が不足していれば、必要な追加情報には何が必要かを考え、効率的に情報収集できるようMRなどに働きかけたりします。これらの業務は、医療のバックグラウンドがある看護師だからこそ、主導的に動くことができるのです。

グローバル治験が行われることが多い外資系の製薬会社であれば、英語力があると有利です。実際に海外の本社と英語で電話会議をするということもあります。海外から英語でレポートが来るのを、日本語に訳して報告することもあります。

その他、MRとして働くケース、製薬会社の医務室で「看護師」として働くケースなどもあります。

いかがでしょうか?製薬会社は夜勤がなく、土日もお休みなので、身体的な負担は少ないと言えます。ただ、まったく未経験だと最初は仕事を覚えるのが大変かもしれません。企業でサポート体制が整っているところだと安心して入れるのではないでしょうか?

製薬会社への転職に興味のある方、看護師転職サイトに登録してみるといいでしょう。そして、キャリアコンサルタントにいろいろ相談してみましょう。キャリアコンサルタントがあなたに合った仕事を紹介してくれますよ。

 

おすすめの看護師転職サイト
転職や復職をお考えのあなたに、看護師の仕事の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

顧客満足度96.3%「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。
転職専門エージェントだからこその情報力とサポート力が魅力です。

>> マイナビ看護師 の公式サイトはこちら

マイナビ看護師