修学旅行を思い出す?ツアーナースの仕事内容を見てみよう

Pocket

修学旅行を思い出す?ツアーナースの仕事内容を見てみよう

旅行参加者が看護の対象

あなたが学生の頃、修学旅行や遠足などに看護師が同行していることはありませんでしたか?怪我が心配なスキー旅行や野外活動、そして熟年者・障がい者の旅行での需要が高いツアーナースは、旅行参加者の健康管理や病気・怪我への対応をしています。

今回は、ツアーナースの仕事内容について見てみたいと思います。

まずは参加者の情報収集と下準備から

ツアーナースの仕事は、多くの場合、旅行団体のプランに沿って同行します。旅行先は、国内短期間のものから海外まであり、特に海外旅行の場合は、気候や食事の変化などから参加者が体調を崩しやすいので注意が必要です。

では、ツアーナースの仕事は具体的にはどのように進めるのでしょうか?今回は修学旅行の添乗ナースを例に挙げましょう。

出発前に主催者(学校)と打ち合わせをしておき、旅程や参加者(学生)の持病・アレルギーの有無などを把握しておきます。参加者の健康状況や旅程を把握したら、必要になるかもしれない物品や薬などを予想して準備しておきます。

当日は、参加者が安全に活動を実施できるよう見守り、安全面での配慮を行います。特に野外活動では怪我をしやすいので注意が必要です。もし怪我をしたら応急処置を行い、症状の見極めを行い、必要に応じて医療機関受診へつなげます。

夏場は熱中症にかかる可能性も高いので、怪我の処置だけではなく全身状態を診てスピーディに判断する能力が求められます。

身体のケアだけではなく心のケアが必要なことも

参加者の年齢が低い場合は特に、旅行中の環境変化やアクシデントなどで精神的に不安になりやすいので、精神面のケアも必要。話や悩みを聴いたりして安心できるよう心がけます。

このようにして旅程が終了したら、報告書を作成・提出し、業務終了です。参加者の方とはもうお別れ。しかし、安心・安全に旅行を楽しむことができた参加者から「ありがとう」「心強かった」などの声をもらい、また仕事を頑張ろうとモチベーションを高めるツアーナースも多いのです。

いかがでしょうか?ツアーナースは単発で募集していることが多いので、仕事の長期休暇中やブランクの合間などに気軽にアルバイトができそうですね。詳しくは、MCナースネットにツアーナースの特集があるのでチェックしてみてください。とても新鮮な「看護師の仕事と旅」という組み合わせは、仕事の思い出を色深く残してくれることでしょう。

 

MCナースネットのツアーナース特集をチェック
MC─ナースネット
「MCナースネット」では、常勤のみならずアルバイトや単発など様々な求人があります。
会員(登録無料)になれば、病院・クリニック・企業・介護施設・健診・デイサービス・添乗・訪問入浴など、ライフワークに合わせて転職からアルバイトまで幅広くお仕事を紹介してもらえます。
MCナースネット