時代は電子カルテ…PCが苦手な看護師も安心の求人とは?

Pocket

看護師の仕事

特にブランクのある看護師で多いのは「電子カルテを扱ったことがないけど、大丈夫?」という心配。仕事で使った事はあっても、機械が苦手で電子カルテを前に緊張する方もいるかもしれません。しかし、IT社会の現在では、医療機関においても電子カルテが主流になりつつあります。

看護師転職求人サイトを見ると、募集側・応募側ともに「電子カルテあり」という条件が見られるようになってきました。転職を機に電子カルテを覚えてみませんか?

電子カルテによって、正確性とスピードアップのメリットが

電子カルテ利用のメリットとは何でしょうか?これまで紙カルテで慣れていた看護師にとっては、機械操作を覚えなくてはならず、面倒に感じるかもしれません。一方、電子カルテに慣れてしまえば、紙カルテにいちいち手書きで書くのが面倒と思う方が多いようです。

電子カルテはオンラインでつながれているので、院内の他科とも情報を共有しやすくなる点や時間短縮につながる点が大きなメリットです。

汚い文字で判読不可能・・・ということが紙カルテではよくある話ですが、電子カルテではこの問題はありませんね。カルテ改ざんリスクも軽減できます。過去の情報を検索することができるのも便利。

紙カルテでは、患者が増えると避けられない「保管スペース」の問題がありますが、電子カルテでは省スペースにも役立ちます。一方で、停電時の対応や、情報漏えいリスクが問題点として挙げられています。

「電子カルテあり」求人から、トレーニングもしてくれるところを探そう

初めての方にとって、電子カルテをちゃんと使えるのか不安に感じることは無理もありません。電子カルテ未経験者に対しても、入職時にきちんと説明してくれる転職先を選びましょう。

仕事を探すときに、電子カルテ使用経験がないことやそれに対するトレーニングはあるのかを確認しておくといいでしょう。

看護師転職求人サイトでは「電子カルテあり」で求人を検索でき、トレーニングの有無など心配な点も転職コンサルタントに相談できるので安心です。

それでも心配な方は、事前に自己学習しておく方法もあります。eラーニングで、電子カルテについて学べます。無料体験版で、一度試してみてから購入することもできます。
(無料体験版URL → http://www.fom.fujitsu.com/elearning/learning.html

電子カルテは三次救急や大学病院での普及率は高いですが、二次救急ではまだ導入していないところも多く、慢性期や回復期リハビリ病院ではなかなか導入が進んでいないのが現状のようです。三次救急や大学病院ではスピードと正確さが求められるという背景も、電子カルテ普及が進んでいることと関係があるのでしょう。

いずれにしても、今後徐々に電子カルテに移行する施設が増えることが予想されますので、転職を考えている方は今のうちから慣れておくことがおすすめです。

転職を考えている方へ

転職を考えている方は、まずは転職サイトに登録しておき、いい求人が出てきたら紹介してもらうようにしておくといいでしょう。

以下の大手転職サイトなら、非公開求人をはじめ、多くの求人を扱っているので、あなたの希望に合った求人をいろいろ紹介してくれますよ。

なお、転職サイト毎に、扱っている求人が異なってきます。なるべく多くの求人をチェックしたいという方は、複数登録しておき、求人を比較検討できるようにしておくといいでしょう。

利用者満足度96.3%、理想の職場を目指す看護師さんへ
「マイナビ看護師」

マイナビグループが運営する看護師転職サイトです。取り扱う求人は都市部はもちろん地方の病院まで幅広い。非公開求人が全案件の4割を占めているのも特徴。

看護師の定着率に徹底的にこだわって求人を紹介。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるようサポートしてくれます。

>> マイナビ看護師 の詳細・登録はこちら

マイナビ看護師

紹介実績No.1!あなたにピッタリの求人を紹介
「ナース人材バンク」

年間10万人の看護師さんが利用!全国対応で紹介実績No.1の「ナース人材バンク」。ナース人材バンクでは、全国16拠点で展開しているので、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート可能です。

求人件数は業界トップクラス。色々な要望や状況にあわせて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますよ。

>> ナース人材バンク の詳細・登録はこちら

ナース人材バンク